報道発表

ボリビア多民族国大統領就任式典への特派大使派遣

平成27年1月16日

  1. 1 我が国政府は,1月22日にボリビア多民族国の首都ラパスにおいて行われるファン・エボ・モラレス・アイマ大統領(Mr. Juan Evo Morales Ayma, President of the Plurinational State of Bolivia)就任式典に,西村康稔衆議院議員を特派大使として派遣することを決定しました。

    2 我が国とボリビアは,ボリビアにおける約1万4,000人の日系人の活躍や同国に対する我が国の経済協力等を背景に,伝統的に友好関係を維持しています。このような両国間の関係を更に緊密にすべく,日本ボリビア友好議員連盟幹事長である西村衆議院議員を特派大使に任命の上,同式典に派遣することにしました。

    (参考)
     ボリビアにおいては,昨年10月12日に大統領選挙が実施され,現大統領で社会主義運動(MAS)党党首のモラレス候補が再選された。新たな大統領任期は2020年1月まで。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る