報道発表

インドに対する円借款に関する書簡の交換

平成26年11月21日

  1. 1 本21日(現地時間同日),インドの首都ニューデリーにおいて,我が方八木毅駐インド大使と先方ラジェシュ・クッラー財務省経済局局長(Mr. Rajesh Khullar, Joint Secretary, Department of Economic Affairs, Ministry of Finance)との間で,総額156億2,000万円を限度とする円借款「グワハティ下水道整備計画」に関する書簡の交換が行われました。本件は,本年9月の日印首脳会談において安倍晋三内閣総理大臣からナレンドラ・モディ・インド首相に対して供与の用意があることを表明していたものです。

    2 対象案件の概要

     インド北東部アッサム州グワハティ市は,人口約120万人の同地域最大の都市ですが,下水道施設が整備されていない一方,都市部への急激な人口流入や工業化により,下水処理能力を超過した汚水が排出され,河川等の水質汚濁が進んでいます。今後も,同市で上水利用量が増加するのに伴い,汚水量の増加が見込まれます。
     この計画は,グワハティ市において,下水処理場や下水幹線,ポンプ場等の下水道施設を整備するものです。これにより,安定的な下水道サービスの提供を図り,同地域の住民の衛生・生活環境の改善に寄与することが期待されます。

    3 供与条件

    (1)金利 : 年0.30%
    (2)償還期間 : 40年(10年の据置期間を含む。)
    (3)調達条件 : 一般アンタイド

    4 なお,我が国は本年9月の日印首脳会談において,インドに対し,官民の取組により本年以降の5年間で,ODAを含む3兆5,000億円規模の日本からの投融資を実現するとの意図を表明しており,本件はこれを具体化するものです。

    (参考)
     インドは,面積約329万平方キロメートル,人口12億1,000万人(2011年国勢調査),人口1人当たりの国民総所得(GNI)1,560米ドル(2013年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る