報道発表

グルジアに対する日本方式普及ノン・プロジェクト無償資金協力(医療・保健パッケージ)に関する交換公文の署名

平成26年6月18日

  1. 1 本18日(現地時間同日),グルジアの首都トビリシにおいて,我が方貝谷俊男駐グルジア大使と先方ノダル・ハドゥリ財務大臣(H.E. Mr. Nodar Khaduri, Minister of Finance, Georgia)との間で,我が国の優れた医療機材を活用するための5億円のノン・プロジェクト無償資金協力に関する交換公文の署名が行われました。

    2 グルジアでは,病院の医療機器が著しく老朽化しているため,多くの国民が,質の高い医療サービスを受けることが困難な状況にあります。この協力は,医療サービスの質向上等の開発課題に取り組むグルジアに対し,我が国の優れた医療機材を整備するための資金を供与するものであり,これにより同国の経済社会開発努力に貢献することが期待されます。

    3 また,我が国の企業が生産した製品を調達することにより,今後の日本企業の海外展開が促進され,我が国との経済関係が一層強化されることが期待されます。

    (参考)
     グルジアは,コーカサスに位置する国で,面積約6.97万平方キロメートル,人口430万人(2012年,国連人口基金資料)であり,人口1人当たりのGNI(国民総所得)は3,290ドル(2012年,世界銀行資料)。農業・食品加工業を主産業としている。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る