報道発表

石原外務大臣政務官のマダガスカル訪問(概要)

平成26年1月31日

  • ラジャオナリマンピアニナ大統領との会談
  • 大統領就任式典
  1.  1月25日,石原宏高外務大臣政務官はマダガスカルを訪問したところ,概要は以下のとおりです。

    1 石原政務官は,1月25日,首都アンタナナリボで開催されたヘリー・ラジャオナリマンピアニナ(Hery RAJAONARIMAMPIANINA)大統領の就任式典に我が国政府の特派大使として出席しました。

    2 同式典への出席後,ラジャオナリマンピアニナ大統領は他国の出席者に先駆けて石原政務官と会談を行いました。同会談において,石原政務官より、大統領就任への祝意を示すとともに,政治的安定に向けた同国の取組を我が国として支援していく旨のメッセージを伝達しました。加えて,同国に進出する日本企業の円滑な活動に対する協力を要請しました。これに対しラジャオナリマンピアニナ大統領は,官民双方のレベルにおける両国間の更なる協力関係の強化を約束したとともに,両者は,国際場裡においても連携していくことで一致しました。

    3 石原政務官はアンジアンティアナ国民暫定連合政府外務大臣とも会談を行い,両国間の引き続きの協力関係を確認したとともに,民間投資の重要性やそのための環境整備の必要性等につき意見交換を行いました。

    4 マダガスカルの民主主義の回復を示す今次大統領就任式に,我が国から特派大使を派遣したことは,両国関係の発展に資するとともに,我が国の対アフリカ外交重視の姿勢を示すことに繋がりました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る