報道発表

ガードナー米国連邦上院議員による岸田外務大臣表敬

平成27年8月17日

  1. 本17日16時30分頃から約20分間,岸田文雄外務大臣は,来日中のコリー・ガードナー上院議員(外交委員会東アジア・太平洋・国際サイバーセキュリティ政策小委員会委員長(Senator Cory Gardner, Chairman of the Subcommittee on East Asia, the Pacific, and International Cybersecurity Policy))の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。
     
    1 冒頭,岸田大臣から訪日を歓迎するとともに,安倍晋三内閣総理大臣の訪米により日米関係は一層強化された,新ガイドライン策定等の成果を踏まえ,日米両国で地域や国際社会の課題に一層連携して取り組みたい旨述べました。また,総理訪米に先立ち,日米同盟強化の重要性と総理訪米の意義につき上院で演説いただいたことに謝意を表し,日米同盟の強化のために議員交流を始め日米の友好関係促進に引き続き尽力いただきたい旨述べました。
     
    2 これに対して,ガードナー上院議員から,自分による上院での初の主要な外交演説が安倍総理の上下両院合同会議における演説を歓迎する内容であり,その演説において日米同盟の重要性を訴えた,マイク・マンスフィールド元駐日大使が,日米関係は米国にとって最も重要な二国間関係である旨述べていたが,完全に同意する旨述べました。
     
    3 この他,両者は,日米安保,東アジア地域情勢,戦後70年談話,TPP等についても意見交換を行いました。
     

関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る