報道発表

河野外務大臣とオンドンゴ・コンゴ共和国経済・産業・公共資産大臣との会談

平成30年10月5日

英語版 (English)

  • 河野外務大臣とオンドンゴ・コンゴ共和国経済・産業・公共資産大臣との会談
  • 河野外務大臣とオンドンゴ・コンゴ共和国経済・産業・公共資産大臣との会談
  • 河野外務大臣とオンドンゴ・コンゴ共和国経済・産業・公共資産大臣との会談

 本5日午後2時25分から約20分間,河野太郎外務大臣は,アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合出席のため訪日中のジルベール・オンドンゴ(H.E. Mr. Gilbert Ondongo) コンゴ共和国経済・産業・公共資産大臣と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,河野大臣から,オンドンゴ大臣のTICAD閣僚会合出席を心から歓迎する旨述べました。また,本年8月には日・AU議員連盟所属議員がコンゴ共和国を訪問するなど要人往来が活発化しており,この流れを維持し,TICAD7に向け,二国間関係を発展させたい旨述べました。
    2.  続けて,オンドンゴ大臣から,河野大臣からの歓迎に謝意を表明するとともに,7月から9月にかけて発生した地震などの自然災害で犠牲になった方々への追悼の念を表しました。
    3.  河野大臣から,9月に交換公文に署名された2億円の食糧援助につき伝達し,オンドンゴ大臣から謝意が表明されました。
    4.  更に,オンドンゴ大臣から,日本企業によるビジネス投資への期待を示し,現地にてJICAとの連携も強化したい旨述べ,両大臣は貿易投資や開発に関する様々な分野での二国間協力の可能性について意見交換をしました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る