報道発表

日メコン高級実務者会合の開催(結果)

平成27年6月1日

  • 城内外務副大臣と日メコンSOM参加者によるフォトセッション
  • 日メコンSOM参加者による鈴木康友浜松市長表敬
  1. 1.5月31日から6月1日にかけて,静岡県浜松市のホテルウェルシーズン浜名湖において日メコン高級実務者会合(日メコンSOM)が開催され,日本及びメコン地域諸国(カンボジア,ラオス,ミャンマー,ベトナム,タイ)から外務省日メコン協力担当部局の関係者が出席しました。

    2.5月31日の城内実外務副大臣主催ワーキングディナーでは,冒頭,城内副大臣から,日メコンの関係を,政府間の関係を越えて,地方も巻き込んだ重層的な関係に発展させていくことが重要であるとの考えに基づき,今回のSOMを浜松にて開催することとした,本年7月4日に東京にて開催される第7回日本・メコン地域諸国首脳会議(日メコン首脳会議)の成功と日メコン関係の更なる発展に向け,引き続き連携していきたい旨述べました。

    3.続いて6月1日に開催された日メコンSOMでは,日メコン首脳会議の成果文書や今後の日メコン協力の方向性について協議が行われ,同首脳会議に向け当局間で緊密に協力していくことで一致しました。

    4.また,出席者は,日メコンSOMの浜松開催の機会を捉え,「地方創生」の一環として日本の地方とメコン地域との関係強化を図るべく,鈴木康友浜松市長への表敬や地元企業の視察等も行いました。

    (参考)日メコン首脳会議
     日メコン首脳会議は,日本とメコン地域諸国(カンボジア,ラオス,ミャンマー,タイ,ベトナム)との関係強化,及びメコン地域の域内格差是正・持続的発展のため,2009年以降毎年開催され,3年に1度は日本で開催してきている。前回日本で開催された第4回日メコン首脳会議(2012年4月)では,2015年までの日メコン協力の指針として,(1)「連結性強化」,(2)「共に発展する」,(3)「人間の安全保障及び環境の持続可能性を確保する」を三本柱とする「東京戦略2012」が採択された。    

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る