報道発表

河野外務大臣主催ハネグビ・イスラエル地域協力大臣との夕食会

平成30年3月22日

英語版 (English)

  • 写真1:イスラエル地域協力大臣を出迎える河野大臣
  • 写真2:河野大臣とイスラエル地域協力大臣との握手の様子
  1.  本22日午後7時40分から約70分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のツァヒ・ハネグビ・イスラエル国地域協力大臣(H.E.Mr. Tzachi Hanegbi, Minister of Regional Cooperation of State of Israel)と夕食会を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1. 河野大臣から,ハネグビ大臣の訪日を歓迎し,昨年末のイスラエル訪問に触れつつ,二国間関係の一層の強化を図りたい旨述べました。これに対し,ハネグビ大臣から,近年の目覚ましい二国間関係の発展を歓迎し,引き続き様々な分野で日本との協力関係を強化していきたい旨述べました。
    2. その後,両大臣は,中東和平問題について率直な意見交換を行いました。その中で,河野大臣から,「平和と繁栄の回廊」構想を引き続き推進していく旨述べると同時に,同構想に対するハネグビ大臣の協力に対し謝意と期待を述べました。これに対し,ハネグビ大臣から,日本側の取組は困難な時期を含めて一貫して推進されてきたものであり,パレスチナに希望を与えるという観点からイスラエル側としても高く評価しており,今後も協力していきたい旨述べました。
    3. 両大臣は,ガザを巡る情勢やシリア情勢を含む中東情勢についても議論し,地域の平和と安定のために,引き続き協力していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る