報道発表

第11回アフリカ連合(AU)総会への我が国のオブザーバー出席について

平成20年6月27日
  1. 6月30日(月曜日)、7月1日(火曜日)の両日、エジプトのシャルム・エル・シェイクにて開催される第11回アフリカ連合(AU)総会に、我が国から、佐藤啓太郎アフリカ紛争・難民問題担当大使兼国連改革担当大使、駒野欽一駐エチオピア大使(AU常駐代表)及び小寺次郎国際連合日本政府代表部大使がオブザーバーとして出席する。
  2. この会議には、AUに加盟するアフリカ53か国・地域から首脳級の代表者が出席し、アフリカの開発や平和・安全保障をめぐる諸課題につき様々な議論が行われる予定である。
  3. 我が国の出席者は、同会議に出席するアフリカ各国の首脳等と会談し、二国間関係、地域情勢、アフリカ開発会議(TICAD)プロセスを基軸とする我が国の対アフリカ支援、国連安保理改革を含む国際場裡における日・アフリカ協力等について意見交換を行う予定である。

 

(参考)アフリカ連合(AU)

  1. アフリカ連合(AU)は、前身のOAU(アフリカ統一機構)が発展改組して、2002年に発足。アフリカ53か国・地域が加盟する世界最大の地域機関(わが国未承認の「サハラ・アラブ民主共和国」を含む。モロッコは非加盟。)。発足以降、アフリカの地域協力・統合の中核的役割を担ってきており、特に、アフリカの平和・安全保障に関して、非常に重要な役割を果たしてきている。
  2. AU総会は、AUの最高機関(首脳会議)であり、2005年から年2回開催されている。(前回の総会は2008年1月にエチオピアの首都アディスアベバにて開催。)
このページのトップへ戻る
目次へ戻る