記者会見

大菅外務報道官会見記録

(令和元年7月10日(水曜日)16時28分 於:本省会見室)

英語版 (English)

冒頭発言

(1)第7回アフリカ開発会議(TICAD7)のテーマの決定

【大菅外務報道官】本年8月28日から30日にかけて開催されます第7回アフリカ開発会議(TICAD7)のテーマが,「アフリカに躍進を!ひと,技術,イノベーションで。Advancing Africa’s Development through People, Technology and Innovation」に決まりました。
 人材育成,科学技術やイノベーションといった日本の強みにも合致するこのテーマの下で,アフリカの開発を力強く後押しするための方途について,TICAD7に向け,またTICAD7において活発な議論が行われることを期待します。

(2)グローバルフェスタJAPAN2019における外務省写真展の作品募集

【大菅外務報道官】本年も9月28日・29日の両日に,都内のお台場で外務省が共催します国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2019」を開催いたします。そこで行う外務省写真展「エールよとどけ!」の展示作品の募集を開始いたしました。
 専用の投稿サイトにアクセスいただき,「エール」をキーワードに国際協力のひとコマを撮影した作品をご投稿ください。その中から,グローバルフェスタJAPAN2019実行委員会が厳選した約100点を,イベント会場で展示いたします。
 展示作品のうち,特に優れた作品は会場にて表彰を行い,協賛企業から副賞としてミラーレス一眼カメラを贈呈いたします。応募受付は8月31日午後5時まで,外務省ホームページから「写真展」で検索してください。ふるってのご応募をお持ちしております。

イラン情勢(有志連合の結成に係る計画)

【朝日新聞 清宮記者】アメリカのダンフォード統合参謀本部議長が,ホルムズ海峡の関連で有志連合をこれから結成すると言っていますが,日本は既に打診を受けているのか,また,外務省としてこの件に関してどのように対応するか,お教えください。

【大菅外務報道官】中東地域における緊張の高まりを深刻に懸念しております。特にホルムズ海峡における航行の安全を確保することは,我が国のエネルギー安全保障上,死活的に重要であり,我が国を含む国際社会の平和と安定にとって極めて重要と考えております。日本としましても,米国をはじめとする関係国と連携しつつ,中東における緊張緩和と情勢の安定化に向けて,外交努力を継続していく方針でございますが,ご指摘の報道につきましてはコメントを差し控えたいと思います。

このページのトップへ戻る
記者会見へ戻る