外務報道官談話

エジプトのシナイ半島におけるテロ事件(外務報道官談話)

平成29年7月10日

英語版 (English)

1 7月7日(現地時間同日),エジプトのシナイ半島北部の軍事施設に対するテロ攻撃により,数多くのエジプト軍兵士の犠牲者が発生したことは極めて遺憾であり,ご遺族に対し哀悼の意を表するとともに,負傷者の方々に心からお見舞いを申し上げます。

2 テロはいかなる理由によっても正当化できず,我が国はあらゆる形態のテロリズムを断固として非難します。我が国は,エジプト政府及びエジプト国民に対し,強い連帯の意を表します。

(参考)事件概要
 エジプト国軍の発表によれば,7月7日,シナイ半島北部のラファハ近郊の軍の検問所において爆弾テロが発生し,兵士26名が死亡又は負傷。その後,エジプト国軍は,武装した40名のテロリストの殺害に成功した。また,同テロに対しては,ISILがアアマーク通信を通じて犯行声明を発表した。


このページのトップへ戻る
外務報道官談話へ戻る