外務報道官談話

ボコ・ハラムによるテロ行為について(外務報道官談話)

平成27年3月26日

英語版 (English)

  1. ナイジェリア北東部のダマスクにおいて,数百名の女性及び子供がイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」により拉致され,一部は殺害されたと報じられており,深く憂慮しています。拉致された人々の一刻も早い解放を求めます。
  2. ボコ・ハラムは同地域を中心にテロ行為を繰り返し,多くの無辜の市民が犠牲になっています。我が国は,あらゆる形態のテロリズムを断固として非難します。
  3. 3月28日には,ナイジェリアにおいて大統領選挙が予定されています。我が国としては,この選挙が平和裡に実施され,ナイジェリア政府が引き続き,治安の安定に取り組むことを期待します。
 (参考)
  1. ナイジェリア北東部ボルノ州にあるダマスク(ニジェールとの国境沿いに位置)は昨年11月以降,ボコ・ハラムによって占拠されていたが,今月に入り,ナイジェリア軍に協力するニジェール・チャド軍が中心となって同市を奪還した。
  2. 報道によれば,ダマスクが奪還される際に400名以上の女性及び子供がボコ・ハラムの戦闘員によって拉致された模様。

このページのトップへ戻る
外務報道官談話へ戻る