外務報道官談話

コロンビアにおける和平交渉の進展について(外務報道官談話)

平成27年9月25日

  1. 我が国は,コロンビア政府とコロンビア革命軍(FARC)との間の和平交渉プロセスにおいて,9月24日(現地時間9月23日),司法問題等を含む重要な進展があったことを歓迎します。
  2. 我が国はこれまで,コロンビア政府による和平交渉への取組を支持してきており,サントス大統領のリーダーシップの下で早期に最終合意に至ることを期待しています。
(参考)コロンビアにおける和平交渉
(1)サントス政権は,2012年末にコロンビア最大のゲリラ組織であるコロンビア革命軍(FARC)との和平交渉を開始。
(2)9月23日,サントス大統領が交渉地であるキューバ・ハバナを訪問し,FARC最高司令官と会談。FARCメンバーの処罰等の司法問題や武装放棄についての議論が進展した他,2016年3月23日を最終合意の署名期限とする旨発表された。

関連リンク

このページのトップへ戻る
外務報道官談話へ戻る