人の交流

スラックライン推進機構による鈴木外務大臣政務官表敬

令和元年5月10日

  • スラックライン推進機構による鈴木外務大臣政務官表敬(集合写真)
  • スラックライン推進機構による鈴木外務大臣政務官表敬(表敬懇談)

 5月9日(木曜日),鈴木憲和外務大臣政務官は,林映寿・一般社団法人スラックライン推進機構代表理事一行による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1.  冒頭,林代表理事から鈴木政務官に対し,本年9月に長野県上高井郡小布施町で開催される「2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ」に対する外務省後援名義の付与につき謝意を表明するとともに,競技レベルや大会運営では世界でも日本がトップクラスであるスラックラインの魅力について説明しました。また,同席したスラックラインの世界チャンピオンである木下晴稀選手から,日本代表として同ワールドカップで活躍し,更にスラックラインを世界に広めていきたい旨述べました。
  2.  鈴木政務官からは,スラックラインは必ずしもまだ多くの人に知られていないものの,子供から大人まで楽しめる魅力あるスポーツである,外務省も側面支援したい旨述べました。

 【参考】「スラックライン」
 二点間に張り渡した専用ラインの上で楽しむスポーツの名称,もしくはその器具のこと。2017年にアジアでは初めて「スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ」が長野県小布施町3万人の観客を集め開催され,本年9月の同大会は同町で2回目の開催。


関連リンク

このページのトップへ戻る
人の交流へ戻る