サウジアラビア王国

河野太郎外務大臣とマージド・アル・カサビー・サウジアラビア王国商業投資大臣との会談

平成29年9月11日

  • 河野太郎外務大臣とマージド・アル・カサビー商業投資大臣との会談1
  • 河野太郎外務大臣とマージド・アル・カサビー商業投資大臣との会談2

 本11日(月曜日),午前10時(現地時間)から約30分間,河野太郎外務大臣は,訪問中のサウジアラビア王国において,マージド・アル・カサビー商業投資大臣(H.E. Dr. Majid Bin Abdullah Al Qasabi, Minister of Commerce and Investment of the Kingdom of Saudi Arabia)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,カサビー商業投資大臣から,河野大臣のサウジアラビア訪問に歓迎の意が示されました。また,カサビー大臣から,日本とサウジアラビア両国で,経済分野に加えて,文化,人的交流,エンターテイメント,観光などの分野での関係を強化していきたいとの発言がありました。

2 河野大臣から,日本企業によるサウジ投資の拡大を期待しており,ビジネス環境整備を含むサウジ側の協力を得たい旨述べました。

3 両大臣は,日・サウジ・ビジョン2030(PDF)別ウィンドウで開くの具体的案件実現に向けた協議を行い,これら案件の実現を通じて両国の戦略的パートナーシップを一層強化すること,特に第3回日・サウジ・ビジョン閣僚級会合をサウジで早期に実施することを確認しました。


このページのトップへ戻る
サウジアラビア王国へ戻る