オマーン国

薗浦内閣総理大臣補佐官のオマーン訪問

平成30年9月4日

 9月1日から3日(現地時間)まで,薗浦健太郎内閣総理大臣補佐官は,外務省,NSS,防衛省,国交省,海上保安庁,観光庁,経産省,資源エネルギー庁,国際協力銀行(JBIC)からなる総勢約20名のハイレベルミッションの団長としてオマーン国を訪問したところ,概要は以下のとおりです。

1 2日,薗浦補佐官は,ファハド・サイード閣僚評議会担当副首相(H.H. Sayyid Fahd Al Said, Deputy Prime Minister for the Council of Ministers)と面会し,安倍総理大臣からカブース国王に宛てた親書を手交しました。また,2014年の安倍総理大臣オマーン訪問の際に合意した「安定と繁栄に向けた包括的パートナーシップ」の強化(PDF)別ウィンドウで開く,「自由で開かれたインド太平洋戦略別ウィンドウで開く」の具体化,エネルギーや防衛分野の協力等につき,以下の閣僚と協議しました。

  • スルターン・ヌウマニ国王事務所大臣(H.E. General Sultan Al Numani, Minister of Royal Office)
  • バドル・ブサイディ 国防担当大臣(H.E. Sayyid Badr Al Busaidi, Minister Responsible for Defense Affairs)
  • ムハンマド・ルムヒー石油・ガス大臣(H.E. Dr. Mohammed Al Rumhy, Minister of Oil and Gas)
  • アリー・スナイディ商業・工業大臣(H.E. Eng. Ali Al Sunaidy, Minister of Commerce and Industry)
  • アフマド・フタイシ運輸・通信大臣(H.E. Dr. Ahmed Al Futaisi, Minister of Transport and Communications)
  • アフマド・メフルジー観光大臣(H.E. Ahmed Al Mehrzi, Minister of Tourism)
  • バドル・ブサイディ外務事務総長(H.E. Sayyid Badr Al Busaidi, Secretary General of the Ministry of Foreign Affairs)

2 3日,ドゥクム港を視察した薗浦補佐官は,ヤフヤー・ジャーブリー・ドゥクム経済特区(SEZAD)長官(H.E. Yahya Al Jabri, Chairman of the Special Economic Zone Authority of Duqm)と面会し,経済多様化に向けたオマーンの取組への日本企業の参画等につき協議しました。


このページのトップへ戻る
オマーン国へ戻る