オマーン国

薗浦外務副大臣とバドル・オマーン外務省事務総長との会談

平成28年11月28日

11月21日午後7時から約1時間半,薗浦外務副大臣は,訪日中のサイイド・バドル・ビン・ハマド・アル・ブサイディ,オマーン外務省事務総長(H.E. Sayyid Badr bin Hamad al Busaidi Secretary General of the Ministry of Foreign Affairs)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 二国間関係について,薗浦副大臣から,中東地域にオマーンのような安定した国があったからこそ日本は経済発展を遂げることができたとして,日本はオマーンとの経済関係強化のため引き続き協力していきたい旨述べました。これに対し,バドル事務総長から日本とオマーンは長年友好関係を築いてきた,これを土台として一層の協力関係の強化を期待する旨述べました。
  2. また,薗浦副大臣とバドル事務総長は,海洋秩序を含む東アジア情勢,ISIL等の暴力的過激主義対策,イラン・シリア・イエメン等の中東地域情勢等について意見交換を行い,二国間関係の更なる発展や中東地域の安定のために協力していくことで一致しました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
オマーン国へ戻る