シリア・アラブ共和国

エリザベス・ホフ世界保健機関(WHO)シリア事務所長による薗浦外務副大臣表敬

平成28年12月26日

  • エリザベス・ホフ世界保健機関(WHO)シリア事務所長による薗浦外務副大臣表敬1
  • エリザベス・ホフ世界保健機関(WHO)シリア事務所長による薗浦外務副大臣表敬2

1 12月21日午後12時30分から約30分間,薗浦健太郎外務副大臣は,訪日中のエリザベス・ホフ世界保健機関(WHO)シリア事務所長の表敬を受け,シリア情勢やシリアへの人道支援に関して意見交換を行いました。

2 薗浦副大臣は,WHOを含むシリア国内での支援に携わる支援関係者の多大な努力を評価するとともに,シリア危機発生以降シリア・イラク及び周辺国に対し,総額16.6億ドル以上の支援を実施してきたこと,今後も日本としてできる貢献を継続していきたい旨述べました。

3 ホフ所長からは,最新のシリアの人道・保健状況に関する説明があったほか,日本の支援に対する感謝の意と共に,パートナーシップ強化を重視していきたい旨が述べられました。


このページのトップへ戻る
シリア・アラブ共和国へ戻る