エジプト・アラブ共和国

日・エジプト首脳会談

平成28年9月5日

英語版 (English)

本4日現地時間午後0時40分(午後1時40分 (日本時間) )から約35分間、G20首脳会合に出席のため中国・杭州を訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は、アブドゥルファッターハ・エルシーシ・エジプト大統領(H.E.Mr. Abdel-Fattah El-SISI, President of the Arab Republic of Egypt)と首脳会談を行ったところ、 概要は以下のとおりです。

1 日・エジプト関係

(1)冒頭

ア エルシーシ大統領から、安倍総理と(2016年2月の大統領の訪日以来)短期間に再びお会いでき嬉しい。 2月の訪日により両国の関係が大きく進展した旨述べました。

イ これに対し、 安倍総理から、 2月の訪日以来の再会を嬉しく思う、 先般の訪日は両国関係を飛躍的に発展させた、 共に手を携えて引き続き関係の拡大を推し進めていきたいと述べました。

(2)二国間関係

ア エルシーシ大統領から、教育をはじめ、エネルギー、文化、スポーツ等の分野で協力を深めていきたい旨述べるとともに、 大エジプト博物館への追加借款に対し謝意が表明されました。

イ 安倍総理から、 概要以下を述べました。
  • エルシーシ大統領には日本式教育を高く評価いただき、 感謝する。 共に立ち上げた「エジプト・日本教育パートナーシップ」に基づき、留学生借款の供与を早期に実現したい。
  • 大エジプト博物館について、 先般、 追加借款を供与する方針をお伝えした。
  • スポーツに関しては、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて協力していきたい。

2 国際場裡での協力、地域情勢

この他、 両首脳は、 両国が国際場裡において協力を進めていくことで一致しました。 また、 共通の関心を有する地域情勢について、 意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
エジプト・アラブ共和国へ戻る