パナマ共和国

衛藤特派大使の拡張パナマ運河開通式典出席(結果)

平成28年6月30日

衛藤征士郎特派大使(日・パナマ友好議員連盟会長)は,6月24日から6月28日までパナマを訪問し,拡張パナマ運河開通式典に我が国政府の特派大使として出席しました。同訪問の概要は以下のとおりです。
  • バレーラ・パナマ大統領との会談
  • バレーラ・パナマ大統領との会談
1 6月25日,衛藤特派大使は,バレーラ大統領と約40分間に亘り会談しました。

(1)衛藤特派大使は,バレーラ大統領に対して,拡張パナマ運河の開通に祝意を表明しつつ,安倍総理大臣からの親書を手交しました。また,衛藤特派大使は,パナマ運河の拡張を契機とした日・パナマ関係の更なる強化への期待を表明した上で,自由,民主主義,人権,法の支配といった基本的価値観を共有する両国が,「共に発展,主導,啓発」するパートナーとして一層協力していくことの重要性に言及しました。更に,衛藤特派大使は,日・パナマ租税情報交換協定締結交渉に関し,本年5月に実質合意に至ったことへの喜びを表明するとともに,本年7月1日からパナマの外交・公用旅券所持者に対する査証免除措置導入が開始されることを伝達しました。

(2)バレーラ大統領からは,衛藤特派大使の日・パナマ関係強化のための尽力,並びに特派大使としての式典への出席に謝意が表明されました。また,バレーラ大統領から,パナマ運河の拡張工事へのJBICからの融資に対する謝意,及び本年4月に交換公文の署名に至った「パナマ首都圏都市交通3号線整備計画」に対する円借款供与について謝意の表明があり,都市交通3号線の輸送システムに関しては日本の技術が導入されることへの期待が示されました。

(3)また,両者は,日・パナマ間の議員間交流の重要性につき一致しました。
  • 拡張パナマ運河開通式典出席
2 同26日,衛藤特派大使は,拡張パナマ運河開通式典に参列しました。同式典には,ソリス・コスタリカ大統領,メディーナ・ドミニカ共和国大統領,エルナンデス・ホンジュラス大統領,バチェレ・チリ大統領,カルテス・パラグアイ大統領,ホルネス・ジャマイカ首相,ステュワート・バルバドス首相,サチ・コソボ大統領,蔡台湾総統をはじめとする各国政府要人,各国企業関係者,約1万5千人の一般市民等が参加しました。

3 この他,衛藤特派大使は,在留邦人と現地情勢等について意見交換を行いました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
パナマ共和国へ戻る