KIDS外務省~地球に生きる君たちへ~
KIDS外務省

世界いろいろ雑学ランキング

世界いろいろ雑学ランキング

難民の出身の多い国
難民の出身の多い国

「難民(なんみん)」という言葉をきいたことがありますか?
難民保護のための難民条約では,
---人種,宗教,国籍,特定の社会的集団の構成員,政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがある。
---迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖がある。
---国籍国の外にいる。
---国籍国の保護を受けることができない,または望まない。
にあてはまる人を「難民(なんみん)」としています。
この他にも戦争や政治の混乱によって,生命や身体に危険があることから祖国をはなれた人(避難民(ひなんみん))も広い意味での「難民」と呼ばれることがあります。

(単位:人 出典:United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) - 2017 Global Trends, Annexes - Table 2, Total refugees and people in refugee-like situations, end - 2017(国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)「2017年グローバルトレンド別表」(表2,難民及び難民と同じような危険にある人々の合計数(2017年末)))

難民の出身の多い国
順位 国名 人数
1 シリア 629万908
2 アフガニスタン 262万1091
3 南スーダン(注) 243万9848
4 ミャンマー 110万6555
5 ソマリア 98万6382
6 スーダン(注) 69万1430
7 コンゴ民主共和国 61万1875
8 中央アフリカ共和国 54万5525
9 エリトリア 46万4136
10 ブルンジ共和国 43万9329
日本 50

(注)「南スーダン」及び「スーダン」両国については,それぞれ各国別に分けられた統計が存在(そんざい)しないため,「南スーダン」出身の難民・難民申請者のうち,不特定の数が「スーダン」出身者数にふくまれている,あるいは「スーダン」出身の難民・難民申請者が「南スーダン」出身者数にふくまれている可能性あり。