安倍総理大臣

グリア経済協力開発機構(OECD)事務総長による安倍総理大臣表敬

平成25年4月24日

  • グリア経済協力開発機構(OECD)事務総長による安倍総理大臣表敬 (1)
  • グリア経済協力開発機構(OECD)事務総長による安倍総理大臣表敬 (2)

 本24日午後6時25分頃から約15分間,安倍晋三内閣総理大臣は,官邸において,我が国を訪問中のアンヘル・グリア経済協力開発機構(OECD)事務総長(Mr. Ángel Gurría, Secretary General of the OECD)の表敬訪問を受けたところ,概要は以下のとおりです(先方:ガブリエラ・ラモスOECD事務総長首席補佐官他,日本側:加藤官房副長官,吉川OECD代表部大使他同席)。

  1. 安倍内閣の経済政策

     安倍総理より,昨23日に,「対日経済審査報告書」が発表されたが,グリア事務総長が,安倍政権の経済政策に理解,支持を示してくれていることは大変心強い,昨23日の産業競争力会議でも,力強いメッセージをいただいた旨述べました。
     これに対して,グリア事務総長より,今回の対日経済審査報告書でも触れているとおり,安倍政権の経済政策をOECDとしても支持している,今後ともぜひOECDを活用してもらいたい旨述べました。

  2. 2014年OECD閣僚理事会議長国

     安倍総理より, 2014年は我が国のOECD加盟50周年にあたる節目の年であり,閣僚理事会議長国に立候補したい旨述べました。
     これに対して,グリア事務総長より,安倍総理の熱意を歓迎する,早期に正式決定ができることを期待している,来年は日本にとって記念すべき年であり,是非安倍総理に閣僚理事会に出席いただきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る