防災

第3回国連防災世界会議 安倍総理大臣主催昼食会

平成27年3月14日

英語版 (English)

 本14日,午後1時40分頃から約1時間,安倍晋三内閣総理大臣は,第3回国連防災世界会議に参加している首脳級の要人を招いての昼食会を開催したところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,安倍総理大臣から,第3回国連防災世界会議への首脳級の参加は防災に対する国際社会の政治的コミットメントを示すものであるとして,ホスト国としての謝意を表明しました。

2 ゲストスピーカーとして,まず,ジム・ヨン・キム世界銀行総裁より,バヌアツに被害を起こしているサイクロンに言及した上で,防災が極度の貧困の撲滅と経済格差の是正を図る上で非常に重要であり,防災を国際的なアジェンダにし続けている安倍総理大臣の個人的な政治的リーダーシップと日本の努力に謝意を表しました。また,現在,国際社会が直面する主要なリスクとしてエボラ出血熱のような感染症と自然災害を挙げ,いずれも事前の備えが重要であることを述べました。特にポスト2015年開発アジェンダを採択する本年は,防災と保健という重要な課題に取り組む重要な機会であり,防災とユニバーサル・ヘルス・カバレッジの二つの分野における日本のリーダーシップに謝意を示しました。

3 次に,ヘレン・クラーク国連開発希計画(UNDP)総裁より,本日安倍総理大臣が発表した「仙台防災協力イニシアティブ」を高く評価する旨述べました(参加者から満場の拍手)。また,日本の「よりよい復興」という基本的考え方に基づく防災協力を評価し,仙台の東日本大震災からの復興には勇気づけられる,防災は個別の対策をとるだけでは不十分であり,開発政策全体に浸透させていくことが必要である旨述べました。そして,総理の個人的リーダーシップ,日本の支援,そして仙台のホスピタリティに謝意を表しました。

4 この昼食会では,被災地の復興と仙台の魅力を発信するため,仙台の伝統工芸品「仙台箪笥」に盛りつけた料理を提供しました。

(参考1)昼食会参加者

ムスワティ3世・スワジランド国王
ムガベ・ジンバブエ大統領
モリ・ミクロネシア大統領
ケニヤッタ・ケニア大統領
ロンズデール・バヌアツ大統領
ゾアン・ベトナム国家副主席
アミッサー・アーサー・ガーナ副大統領
イッガ南スーダン副大統領
バゾムバンザ・ブルンジ副大統領
カッラ・インドネシア副大統領
ウィナ・ザンビア副大統領
フン・セン・カンボジア首相
ムレケジ・ルワンダ首相
ピンダ・タンザニア首相
プラユット・タイ首相
アーサン・ラオス副首相
ムヒディン・マレーシア副首相
クルトゥルムシュ・トルコ副首相
フレルスフ・モンゴル副首相
ソヴァレニ・トンガ副首相
ブルカルテール・スイス外務大臣
潘基文国連事務総長
キム世界銀行総裁
クラークUNDP総裁
ワルストロム国連事務総長特別代表(防災担当)
ハロネン・フィンランド前大統領


このページのトップへ戻る
防災へ戻る