統計・お知らせ

母子健康手帳(親子健康手帳)の配布のご案内

平成26年5月14日

1 今般,一般社団法人親子健康手帳普及協会(以下,親子健康手帳普及協会)より,海外に居住される邦人の妊婦の皆様へ母子手帳(親子健康手帳)を無償にて提供したいとの申し出があり,日本大使館・総領事館等において皆様にお届けすることとなりました。
 
2 親子健康手帳普及協会は,親子健康手帳を日本国内の自治体や開発途上国等の海外に普及させ,国内外の育児環境を改善することを目的とし,その目的のために親子健康手帳等の製作・販売や,普及のための啓蒙活動等を行う団体です。今回,同協会より,海外に居住し,母子手帳を入手する術のない日本人の妊婦の皆様に対して,その製作する親子健康手帳を役立てていただきたいとの申し出があったものです。外務省としても,母子手帳の海外普及,また在留邦人の福利向上にも資するとの観点から,協力させていただくこととしました。
 
3 我が国は従来から国際協力の中で,母子保健を保健医療分野における一つの重点分野として継続した支援を行っており,母子保健改善の手段の一つとして母子手帳を活用しています。具体的には,インドネシアで1998年から母子手帳を導入し,健康意識の向上と行動変革につながる支援活動を展開したのをはじめ,その後も,パレスチナ,フィリピン,ベトナム,中国,ガボン,モロッコ等の国々で母子手帳の開発や導入,活用促進事業を実施しました。日本国内では長年,妊娠から出産,また子どもの乳・幼児期までの健康を管理し,それによって異なる場所・時であっても,一貫し,継続したケアを可能としてきた母子手帳が,開発途上国の母子の健康の改善のためにも役立っています。
 
4 なお,同親子健康手帳の数には限りがありますので,あらかじめご了承ください。照会は居住される国・地域の大使館・総領事館等へお願いいたします。

関連リンク

このページのトップへ戻る
統計・お知らせへ戻る