非常勤・期間業務職員の募集

令和6年1月26日

 外務省国際情報統括官組織では、外部有識者の知見の積極的な活用及びネットワークの拡大を通じた情報・分析機能の強化の観点から、外国情勢や国際問題等に精通する外務省外の専門家が「専門分析員」として、各種専門分野に関する調査業務に従事する制度があります。
 今回は、「インドを中心とする南アジア地域情勢又は大洋州地域情勢」に関する調査業務を担当する専門家を募集します。募集にあたっての詳細は下記のとおりです。御関心のある方の御応募をお待ちしております。

1 応募資格

 以下(1)~(4)のすべてにあてはまる方

  • (1)インドを中心とする南アジア地域情勢又は大洋州地域(豪・ニュージーランド・島嶼国)情勢についての専門的知識・経験を有する
  • (2)外国語による調査業務が可能(英語の読解力は必須。加えて、その他の言語力もあればなお望ましい。)であり、大学院(在学中も含む)レベル以上の専門知識を有する
  • (3)採用後は、週3日、東京都内に通勤可能な地域にお住まい
  • (4)日本国籍を有し、かつ外国籍を有しない
  • ただし、次のいずれかに該当する方は、今回の募集に応募できません。
    • ア 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者。
    • イ 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者。
    • ウ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し、またはこれに加入した者。
    • エ 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)。

2 募集人数

 1名

3 契約期間

 採用日(令和6年4月1日以降)から令和6年9月30日までとし、期間満了後は勤務状況等を勘案の上で最長3年まで更新の可能性あり。
(採用開始日については柔軟に対応可能。)

4 採用形態

 非常勤の国家公務員として採用

5 待遇

  • (1)基本給:「非常勤職員の給与等に関する規程」による。
  • (2)交通費:規定により支給。
  • (3)社会保障:各種保険法に基づく。

6 業務内容

 専門分野に関する調査及び各種調書・分析ペーパーの作成。

7 勤務条件

  • (1) 勤務日:週3日(祝祭日、土曜日・日曜日を除く。勤務日(曜日)は相談の上決定。)
  • (2) 勤務時間:原則として9時30分から18時15分まで。
     (昼休み12時30分から13時30分の計7時間45分/日。)

8 採用方法

(1)1次審査:
書類選考
(2)2次審査:
面接及び小論文
(小論文のテーマ及び面接の日時は、一次審査合格者のみに連絡します。)

9 応募方法

 下記のとおり、申込期限までに必要書類(下記10(1))を郵送してください。

(1)申込期限:
令和6年2月26日必着
(2)郵送先:
〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省国際情報統括官組織
(注)封筒に「専門分析員公募(南アジア地域情勢又は大洋州地域情勢)」と朱書きしてください。

10 応募に必要な書類

  • (1)上記申込期限までに郵送
    • ア 履歴書(写真付) 1通
       (連絡先には電話番号及びメールアドレスをご記入ください。)
    • イ 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書):発行から3か月以内のもの 1通
    • ウ 応募分野におけるこれまでの研究歴、具体的研究テーマ等をまとめた文書
       (A4版1頁以内) 1部
    • エ 応募者本人著作による過去の関係学術論文 1部
    • オ 推薦状(取得可能な場合のみ)
  • (2)面接当日に持参するもの(書類選考に通った対象者のみ)
     最終学歴卒業(修了)証明書・在学証明書 1通
  • (3)備考
    • ア 応募書類はお返ししませんので、予め御了承ください。
    • イ 本件において知り得た個人情報は、第三者に開示・提供することはありません。

11 問い合わせ先

 外務省 国際情報統括官組織
  電話:03-5501-8000(代表) (内線 4175)

非常勤・期間業務職員の募集へ戻る