人権外交

作成及び採択の経緯

平成26年1月30日

  1. 国際連合総会は、障害者の人権を促進し、及び保護すべく、障害者の権利に関する宣言及び国際障害者年行動計画を採択する等の取組を行ってきました。しかし、これらの取組にもかかわらず、依然として障害者が人権侵害に直面している状況を改善すべく、法的拘束力を有する新たな文書を作成する必要性が強く認識されるようになりました。
  2. このため、2001年12月、第56回国際連合総会において、障害者の権利及び尊厳を保護し、及び促進するための包括的かつ総合的な国際条約を検討するためのアドホック委員会が設置され、計8回の会合を経て、2006年12月、第61回国際連合総会において本条約が採択されました。(本条約は、2007年3月から署名のために開放され、我が国は同年9月28日、ニューヨークの国連本部において高村外務大臣(当時)が署名しました。)
このページのトップへ戻る
人権外交へ戻る