イタリア共和国

令和3年6月29日
写真撮影
外相会談

 現地時間6月29日午後4時30分(日本時間29日午後11時30分)から約30分間、G20外相及び開発大臣関連会合に出席するためイタリアを訪問中の茂木敏充外務大臣は、ルイージ・ディ・マイオ・イタリア共和国外務・国際協力大臣(H.E. Hon. Luigi Di Maio, Minister for Foreign Affairs and International Cooperation of the Italian Republic)と外相会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

  1. 茂木大臣から、先月のG7外相会合に続き、再会できて嬉しい、今年のG20の成功に向け、議長国イタリアを支持していく旨述べました。これに対し、ディ・マイオ大臣は、イタリアへの訪問につき謝意を表し、G20における協力と共に、日伊関係を更に発展させていきたい旨述べました。
  2. 両大臣は、「新型コロナからのより良い回復」や気候変動といった課題について、G7における主要な成果をG20につなげていくことの重要性を確認しました。
  3. 茂木大臣から、「自由で開かれたインド太平洋」に向け協力していきたい、EUのインド太平洋戦略の「共同コミュニケーション」の策定に向けたイタリアのリーダーシップに期待する旨述べ、両大臣はインド太平洋における連携を強化していくことで一致しました。

イタリア共和国へ戻る