アゼルバイジャン共和国

滝沢外務大臣政務官とババエフ・アゼルバイジャン対日友好議連会長との意見交換

平成28年10月18日

  • 滝沢外務大臣政務官とババエフ・アゼルバイジャン対日友好議連会長との意見交換

 10月17日,滝沢外務大臣政務官は,ババエフ・アゼルバイジャン対日友好議員連盟会長及びナビザデ同議員連盟メンバーとの間で,昼食を交えつつ意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 滝沢政務官から,8月にアゼルバイジャンを訪問した際のアリエフ大統領をはじめとする同国政府要人やババエフ会長をはじめとする議会関係者による対応に感謝の言葉を述べるとともに,近年の両国友好議連関係の発展を歓迎する旨述べました。

2 ババエフ会長から,今回の訪日においては,特に観光,農業等の分野においてどのような協力ができるか検討したい旨発言があり,双方は,同分野での協力の可能性等について,率直な意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
アゼルバイジャン共和国へ戻る