アゼルバイジャン共和国

新アゼルバイジャン党(YAP)議員団と武藤外務副大臣の意見交換

平成28年2月16日

2月15日,武藤外務副大臣は,アゼルバイジャンの与党である新アゼルバイジャン党(YAP)議員団との意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 武藤副大臣からの歓迎の言葉に続き,双方は,アゼルバイジャン議員団の今次訪日の主たる目的である議会間交流の重要性や,それが二国間関係全般にもたらす肯定的な効果について幅広く議論を行いました。
  2. また,双方は,観光,農業,文化,教育等,両国間で具体的に協力関係の深化が望まれる分野について議論したほか,両国を取り巻く国際情勢について有意義な意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
アゼルバイジャン共和国へ戻る