マケドニア旧ユーゴスラビア共和国

日・マケドニア旧ユーゴスラビア共和国外相会談

平成30年2月17日

英語版 (English)

  • 日・マケドニア外相会談1
  • 日・マケドニア外相会談2

現地時間17日13時(日本時間21時)から約20分間,ミュンヘン安全保障会議に出席するためミュンヘンを訪問中の河野太郎外務大臣は,ニコラ・ディミトロフ・マケドニア旧ユーゴスラビア共和国外務大臣(Mr. Nikola DIMITROV, Minister of Foreign Affairs of Former Yugoslav Republic of Macedonia)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,河野大臣から,昨年の日本大使館の開設を始め,両国関係は着実に進展している,2019年の外交関係樹立25周年に向けて,様々な分野における交流を活性化させていきたい,ハイレベルでの交流の活発化が重要である旨述べました。これに対し,ディミトロフ大臣から,日本には政府としても個人としても敬意を持っており,日本からの技術協力には特に感謝している旨述べました。
  2. また,河野大臣から,日本は西バルカン地域の平和と安定を重視しており,「西バルカン協力イニシアティブ」の下,二国間協力のみならず地域全体との協力も進めていく,この観点からギリシャとの国名問題解決への努力と進展を評価する旨述べました。これに対し,ディミトロフ大臣から,国名問題の現状とEU加盟に向けた見通しについて説明があり,西バルカン地域に対する関心が高まっているこの機会にプロセスを進めていく,引き続き日本との協力を期待している旨述べました。
  3. その他,両大臣は,北朝鮮情勢をはじめとする国際情勢,安保理改革をはじめとするグローバル・ガバナンスや国際場裡における協力について,幅広く意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
マケドニア旧ユーゴスラビア共和国へ戻る