ドイツ連邦共和国

メルケル・ドイツ首相の訪日
(日独経済関係者による両首脳表敬、安倍総理大臣主催夕食会)

平成31年2月7日

  • 日独首脳会談(写真提供:内閣広報室)
  • 日独経済関係者による表敬を受ける両首脳
    (写真提供:内閣広報室)

 2月4日(月曜日)、安倍内閣総理大臣は、公式実務賓客として日本を訪問中のアンゲラ・メルケル・ドイツ連邦共和国首相(H.E. Dr. Angela Merkel、Federal Chancellor of the Federal Republic of Germany)と共に、首脳会談に加えて以下の行事を行ったところ、概要は以下のとおりです。

1 日独両国の経済関係者による両首脳表敬

 4日(月曜日)午後7時35分から約40分間、安倍総理大臣及びメルケル首相は、メルケル首相に同行した経済代表団一行(ディーター・ケンプ独産業連盟会長、ジョー・ケーザー・シーメンス株式会社代表取締役社長など12名)の表敬を受け、日本側経済関係者(中西宏明経団連会長、小林栄三日独フォーラム日本側座長など9名)を交えて懇談しました。

2 安倍総理大臣主催夕食会

 同日午後8時10分から約70分間、安倍総理大臣は、メルケル首相を公邸内の和室に招いて夕食会を催しました。夕食会は終始和やかな雰囲気で行われ、様々な話題について意見交換が行われました。


関連リンク

このページのトップへ戻る
ドイツ連邦共和国へ戻る