モナコ公国

基礎データ

令和5年10月30日
モナコ公国国旗

一般事情

1 面積

2.02平方キロメートル(バチカンに次いで世界第2の小国)

2 人口

36,686人(世界銀行2021年)

3 言語

フランス語(公用語)

4 宗教

カトリック(国教)

5 略史

年月 略史
1297年 グリマルディ家がモナコを占拠
1861年 モナコ独立
1911年 モナコ憲法制定
1918年 フランス・モナコ保護友好条約締結
1940年 イタリアによる占拠
1943年 ドイツによる占拠
1962年 新憲法採択
1993年 国連加盟
2005年 レーニエ3世公死去
アルベール2世公即位
フランス・モナコ友好協力条約締結

政治体制・内政

1 政体

立憲君主制

2 元首

アルベール2世公(2005年即位)
王位継承は男子優先の長子相続。

3 議会

一院制(24議席、任期5年)(前回総選挙は2018年2月実施)

政党 議席数
プリオリテ・モナコ(PM) 21議席
オリゾン・モナコ(HM) 2議席
モナコ連合(UM) 1議席

(2023年3月現在)

4 政府

行政権はモナコ公の大権に属し、モナコ公が1名の国務相(首相に相当)及び国務相を補佐する5名の政府顧問/閣僚を選定・任命する。5名の政府顧問/閣僚は、対外関係・協力省、財務経済省、内務省、社会厚生省、設備・環境・都市開発省をそれぞれ所掌する。

  • 国務相 ピエール・ダルトゥ(2020年9月~)
  • 対外関係・協力相  イザベル・ベロ・アマデイ(2022年1月~)

対外関係

1 外交

  • (1)1918年に締結されたフランス・モナコ保護友好条約により、モナコは長きにわたりフランスの保護下にあったが、同条約に代わるフランス・モナコ友好協力条約が2005年12月に発効したことにより、フランスとの特別な協調関係は維持しつつも、外交面における制約が緩和された。
  • (2)1993年に国連に加盟、2004年に欧州評議会に加盟したほか、世界保健機関、UNESCO等の国際機関に加盟している。
  • (3)アルベール2世公殿下は、外交政策として海洋を始めとした環境問題への取組を重視される。2008年2月に、モナコにおいて、UNEP(国連環境計画)管理理事会第10回特別会合及びグローバル閣僚級環境フォーラムをホストしたほか、2010年10月の名古屋における生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を含め、COP首脳会議にはアルベール2世公殿下自身が参加されている。また、IOCの持続性に関する委員会の議長を務める。

2 防衛

モナコは、軍事力を有さず警察部隊のみを有し、フランスによって領土の防衛を約束されている。ただし、2005年のフランスとの新条約によって、フランス軍の派兵に際しモナコの要請・同意が必要となった(緊急事態を除く。)。

経済

1 主要産業

観光業、金融業

2 GDP

(1)GDP(名目)
85億9,610万米ドル(世界銀行2021年)
(2)一人当たりのGDP
234,316米ドル(世界銀行2021年)

3 通貨

ユーロ(EUには加盟していないが、EC(欧州共同体)と通貨協定を締結しユーロを公式通貨として使用)

4 郵便切手

郵便切手は独自のものを発行

5 経済概況

  • (1)先代の故レーニエ3世公の下では、主に観光業、工業(化学、精密機器等)を中心に発展。
  • (2)アルベール2世公殿下は、経済分野の一層の多様化に向けて、金融業のほか、環境、バイオテクノロジーや医療研究等の高付加価値産業を重視される。また、国内への海外投資を促進され、国内での起業を支援されている。

二国間関係

1 外交関係

  • (1)2006年12月14日、日本とモナコは外交関係を開設。我が国は、2007年4月に在モナコ日本国大使館(在フランス日本国大使館が兼轄)を設置。
  • (2)日本とモナコは、活発な我が国皇室とモナコ公家の交流を礎に、政治、経済等様々な面で良好な協力関係を築いている。
  • (3)モナコにおける歌舞伎公演や、我が国におけるグレース・ケリー公妃写真展等の開催等、文化交流も盛ん。外交関係開設10周年の機会には両国で友好記念事業を実施。

2 要人往来

(1)往
年月 要人名
1999年3月 常陸宮同妃両殿下
2005年4月 常陸宮同妃両殿下(レーニエ3世公殿下葬儀)
2007年7月 松島外務大臣政務官
2009年6月 高円宮妃殿下
2010年7月 常陸宮同妃両殿下
2013年4月 森元総理
2014年12月 森元総理
2017年1月 滝沢外務大臣政務官
2018年11月 森元総理(ラグビー・アワード授賞式)
(2)来
年月 要人名
1990年9月 アルベール皇太子殿下(IOC総会)
1996年2月 アルベール皇太子殿下
1998年2月 アルベール皇太子殿下(長野オリンピック)
2007年4月 アルベール2世公殿下
2010年10月~11月 アルベール2世公殿下及びウィットストック嬢(当時は婚約者)(生物多様性条約COP10)
2019年10月~11月 アルベール2世公殿下、ジャック公子及びガブリエラ公女(即位の礼、ラグビーW杯観戦)
2021年7月 アルベール2世公殿下(東京オリンピック競技大会開会式出席及び各種競技の観戦)

3 在留邦人数

111人(2021年10月)

4 外交・領事使節

  • 下川眞樹太
    駐モナコ日本国大使(駐フランス大使兼任(2023年12月~))
  • エリック・ベンチモル
    在モナコ日本国名誉総領事(2017年4月~)
  • 小林健
    在東京モナコ名誉総領事(2013年7月~)
モナコ公国へ戻る