中東

レバノン共和国(Lebanese Republic)

基礎データ

平成30年2月16日

  • レバノン共和国国旗

一般事情

1 面積

10,452平方キロメートル(岐阜県程度)

2 人口

約598.8万人(2016年国連)

3 首都

ベイルート

4 民族

アラブ人(95%),アルメニア人(4%),その他(1%)(2016年CIA The World Factbook

5 言語

アラビア語(仏語及び英語が通用)

6 宗教

キリスト教(マロン派,ギリシャ正教,ギリシャ・カトリック,ローマ・カトリック,アルメニア正教),イスラム教(シーア派,スンニ派,ドルーズ派)等18宗派

7 略史

年月 略史
16世紀 オスマン・トルコの支配下に入る
1920年 仏の委託統治領となる
1943年 仏より独立
1975年 レバノン内戦始まる
1978年 イスラエルのレバノン侵攻
1989年 ターイフ合意(国民和解憲章)成立
1990年 内戦終結
2000年 イスラエル軍南レバノンから撤退
2005年 シリア軍レバノンから撤退
2006年 ヒズボッラーとイスラエル間の戦闘。国連安保理決議1701号採択。

政治体制・内政

1 政体

共和制

2 元首

ミシェル・アウン大統領(2016年10月就任)

3 議会

一院制(128議席 キリスト教徒とイスラム教徒が同数 任期4年)

4 政府

(1)首相名
サアド・ハリーリ(2016年12月就任)
(2)外務・移民相名
ジブラーン・バシール(2014年2月就任,2016年12月再任)

5 内政

 レバノンには18の宗派が存在し,各宗派に政治権力配分がなされ,バランスの確保に意が用いられている(大統領 マロン派,首相 スンニ派,国会議長 シーア派)。
 また,各宗教・宗派もそれぞれ一体ではなく,各宗教・宗派内でも複数の党派がそれぞれの政治的立場や利害を巡り確執や同盟関係を複雑に展開する政治構造がある。
 2005年2月にラフィーク・ハリーリ元首相が暗殺されて以降,国内ではイスラム教シーア派のヒズボッラーなど親シリア・イラン派と,故ハリーリ元首相次男のサアド・ハリーリ氏を中心とする親サウジ・イスラム教スンニ派のグループなどの反シリア派が対立してきた。
 他方,こうした対立にもかかわらず,国政の必要上,臨機の妥協も図られ,反シリア派が過半数の議席を確保した2009年6月の総選挙後,諸党派間の協議を経て同年12月にはサアド・ハリーリ氏を首班とする挙国一致内閣が成立。しかし,同内閣はハリーリ元首相暗殺事件の真相究明のための国際法廷である「レバノン特別法廷」を巡る対立から2011年1月に崩壊し,2011年6月,親シリア派主導のミーカーティー内閣が成立。しかし,同内閣も2013年3月,国会選挙と選挙法改正を巡る対立等により辞職,以後約10か月間に亘り新内閣が組閣できず,ミーカーティー内閣が暫定職務代行内閣として継続。その後,治安情勢悪化を受け,各政治勢力間で内閣不在への危機感が高まったことから妥協が図られ,2014年4月,超党派のタンマーム・サラーム内閣が成立。
 2014年5月,スレイマン大統領の任期が終了したが,後任の人選に関し諸党派間の調整がつかず,約2年半にわたり大統領の不在が続いた後,漸く合意が成立し,2016年10月31日,ミシェル・アウン前自由愛国運動(FPM)党首を大統領に選出。右に伴い,憲法規定によりサラーム内閣が辞職し,12月28日,挙国一致のハリーリ内閣が発足。
 なお,現国会議員の任期は2013年6月までであったが,選挙実施のための選挙法改正を巡り諸党派間で合意に至らず,2014年11月まで任期を延長,更に2017年6月まで再延長した。漸く2017年6月に新選挙法が可決され,準備期間として議会任期を再々度2018年5月まで延期した上で,議会選挙が2018年5月に実施される見通しとなった。

外交

1 全般

 レバノンは,シリアとは伝統的に緊密な関係にあり,内戦開始以降のシリア軍レバノン駐留(1976~2005年)に見られるように,長くシリアの強い影響下にあったが,国内外の圧力もあり,2008年にレバノン,シリア間の外交関係が正常化した。
 中東和平問題に関しては,レバノン・シリア両トラックの一体性を強く主張し,公正かつ包括的な和平を求めている。中でもレバノンは,民族宗派間の人口バランスを崩すパレスチナ難民のレバノンへの帰化を拒否し,難民の帰還権を強硬に主張する立場をとるとともに,ヒズボッラーなど対イスラエル抵抗組織の活動を許容している。アラブ連盟の一員であり,アラブ諸国との外交に重点を置く。旧宗主国の仏とも緊密な関係にある。

2 対イスラエル

 1970年代にパレスチナ勢力がレバノンに流入して以降,レバノンは中東和平問題に巻き込まれ,1978年には南レバノンをイスラエルに占領された。2000年5月,イスラエルは南レバノンから撤退したが,レバノンは両国境界上にあるシェバア農地が依然としてイスラエルに占領されたままであるとして引き続きイスラエル軍の撤退を求めており,シェバア農地周辺におけるヒズボラの抵抗運動も継続している。
 2006年7月には,ヒズボラがイスラエル軍を襲撃し兵士8名を殺害,2名を拉致したことから,イスラエルとヒズボッラー間の戦争が勃発し,双方に多数の死傷者が出るとともに,レバノン国内にも多くの被害が生じた(翌8月,安保理決議1701が採択され停戦が発効)。
 その後も引き続き,シェバア農地を含めたシリア・レバノン間の国境の画定やヒズボッラー等国内武装勢力の武装解除などを内容とする安保理決議1559,1680,1701を始めとする関連安保理諸決議の履行が課題として残されている。

3 対シリア

 シリアは歴史的経緯からレバノンを特別の同胞国とみなし,1990年のレバノン内戦終結後も推定約1万4千人の軍部隊を駐留させて親シリア政権を樹立し,実質的にレバノンを支配してきた。しかし,2005年2月にハリーリ元首相が暗殺されると,シリア排斥の政治運動が急速に盛り上がり,米仏を中心とする国際的な圧力もあって,シリア軍は05年4月にレバノンから撤退(レバノン杉革命)。その後,2008年10月にレバノンとシリアは外交関係樹立を宣言する共同声明に調印し,通常の二国間関係に移行した。
 2011年3月以降のシリア情勢に対し,レバノン政権は公式には不干渉の立場をとっているものの,ヒズボッラーはシリア政権を支援し事実上参戦,また,約100万人以上のシリア難民受け入れによる社会の不安定化,シリアからの過激派勢力の侵入による治安の悪化,主要産業である観光業収入の減少等による経済状況の悪化など,シリア危機はレバノンに大きな影響を及ぼしている。

4 対米

 米は,レバノン内戦中に多国籍軍へ派兵したが,83年にはヒズボラによる自爆攻撃で海兵隊員241名が犠牲になる事件が発生したこともあり,その後,米軍は撤退した。
 米は,特に2001年の同時多発テロ事件以降,対イスラエル抵抗運動を継続するヒズボラに厳しい目を向けており,同年11月には資産凍結対象テロ組織リストにヒズボラを掲載。仏と共に採択に力を注いだ04年の安保理決議1559,2006年7~8月の衝突後に採択された決議1701においても,レバノン国内武装勢力の解散・武装解除を求めている。

5 対仏

 旧宗主国である仏とは政治,経済など全般的に緊密な関係にある。仏は,内戦後のレバノン復興を目的とした国際会議をこれまで3回(1992年,2002年,2007年)パリで主催するなど,イニシアティブを発揮してきた。2002年にはベイルートでフランコフォン・サミット(仏語圏サミット)が開催された。

国防

1 軍事力(ミリタリーバランス 2016年)

(1)国防費
12億7,000万ドル
(2)兵力
6万0,000人 (陸軍5万6,600人,海軍1,800人,空軍1,600人)

2 国防戦略

 2011年3月以来続くシリア紛争のレバノンへの波及を防ぐため,レバノン・シリア北東部国境地帯の国境防衛に重点を置いている。また,南レバノン情勢の安定実現のため,レバノン国軍は国連レバノン暫定軍(UNIFIL)と連携し,各種支援を受けながら南レバノンでのプレゼンスを維持している。このため,主に米,英を中心に,仏,伊などの欧州諸国を中心とする諸外国からの軍事支援を受けている。

経済

1 主要産業

金融業,観光業,食品加工業等

2 GDP

495.99億ドル(2016年世銀)

3 GDP成長率

1.8%(2016年世銀)

4 インフレ率

1.6%(2016年世銀)

5 失業率

6.8%(2016年世銀)

6 貿易

(1)輸出 39.3億ドル(2016年WTO)
主要輸出品 金,ダイヤモンド,屑銅
主要輸出先 サウジアラビア,アラブ首長国連邦,イラク,南アフリカ
(2)輸入 189.5億ドル(2016年WTO)
主要輸入品 石油精製品,自動車,医薬品,金
主要輸入元 中国,ロシア,トルコ,アラブ首長国連邦

7 為替レート

レバノン・ポンド(LBP)
1ドル=1,507レバノン・ポンド(2018年2月)

8 経済概況

 内戦以前の首都ベイルートは「中東のパリ」と呼ばれ,中東のビジネス・金融センターとして繁栄していたが,内戦によってシステムが崩壊。1990年の内戦終了以後,経済復興が進められており,ベイルートの街並みなども再び整備されてきているが,2006年のイスラエルとヒズボラの武力衝突で国家全体のインフラ被害などが生じていることもあり,膨大な累積債務をどのように解消するかが大きな課題となっている。
 現在のレバノン経済は,観光,不動産,外国からの送金等,国外の政治・経済情勢に大きく左右される分野に依存しており,経済の自立性を高めることが課題となっている。

経済協力

1 主要援助国

 米国,フランス,カナダ,ドイツ,ノルウェー(OECD)

2 日本の援助(2014年度末まで)

(1)有償資金協力
130.22億円
(2)無償資金協力
48.63億円
(3)技術資金協力
15.99億円

二国間関係

1 政治関係

日本→レバノン
年月 政治関係
1954年 在レバノン公使館開設
1959年 在レバノン大使館に昇格
1986年 治安状況の悪化に伴い,館員は,ベイルートから避難し,ダマスカスの仮事務所にて執務。(ベイルートには現地職員を配置。)
1995年2月 大使館員がベイルートに復帰(同年5月本任大使着任)
レバノン→日本
年月 政治関係
1957年 在京レバノン公使館開設
1959年 大使館に昇格

2 経済関係

対日貿易(2017年)(財務省貿易統計)
輸出
24億5,144万円(卑金属,電気製品等)
輸入
716億円(自動車,電気製品等)

3 文化関係

 日本で学ぶ学生に対する奨学金事業,専門家派遣などに加え,文化無償資金協力を行なっている。
 2016年11月には,在外公館文化事業としてティール市において「Japan Day」を開催し,約600名の参加を得たほか,2017年3月には,シリア難民を受け入れている公立学校において空手紹介イベントを実施した。

4 在レバノン邦人数

91人(2016年10月現在)

5 在日レバノン人数

113人(2017年法務省)

6 要人往来

(1)往(1995年以降)
日本→レバノン
年月 要人名
1995年10月 福田外務政務次官
1997年4月 逢沢一郎外務委員長
森喜朗日・レバノン友好議連会長一行
1999年1月 高村外務大臣
2001年8月 杉浦外務副大臣
2002年6月 有馬政府代表(中東和平担当特使)
2004年8月 田中外務大臣政務官
2009年12月 飯村政府代表(中東和平担当特使)
2010年11月 徳永外務大臣政務官
2014年1月 牧野外務大臣政務官
2015年5月 薗浦外務大臣政務官
2017年1月 薗浦外務副大臣
2017年9月 佐藤正久外務副大臣
(2)来(1996年以降)
レバノン→日本
年月 要人名
1996年4月 セニオラ財政担当国務相
1996年5月 ホベイカ電力・水資源相
1996年6月 ハリーリ首相(非公式訪日)
1997年11月 ハリーリ首相(公式実務訪問賓客)
2000年3月 メルアビー・レバノン・日本友好議員連盟会長
2001年2月 ハリーリ首相(非公式訪日)
2001年11月 フレイハーン経済・貿易相
2002年7月 フレイハーン経済・貿易相
2002年10月 ハリーリ首相
ジャーベル・レバノン・日本友好議員連盟会長
2004年8月 アザール国会予算財務委員長
2013年1月 カッバーニー国会議員

7 二国間条約・取極

日本レバノン航空協定
1967年署名
海運及び航空所得相互免税取極
1969年署名
このページのトップへ戻る
中東へ戻る