欧州

アンゲラ・メルケル連邦首相

(H.E. Dr. Angela Merkel, Chancellor of the Federal Republic of Germany)

平成27年4月30日

1.生年月日

 1954年7月17日生

2.出生地

 ハンブルク生まれ。父親(牧師)の転勤により、1955年に旧東独テンプリン(ブランデンブルク州)へ移住。

3.学歴

期間 学歴
1973~1978年 ライプツィッヒ大学にて物理学専攻
1986年 理学博士号取得

4.職歴

期間 職務
1978年~1990年 旧東独科学アカデミー付属物理化学中央研究所研究員
1990年 政府副報道官(旧東独デメジエール政権)
1990年~ 連邦議会議員
1991年~1994年 連邦女性・青少年大臣
1994年~1998年 連邦環境・自然保護・原子力安全大臣
1998年~2000年 キリスト教民主同盟(CDU)幹事長
2000年~ CDU党首
2002年~2005年 連邦議会キリスト教民主/社会同盟(CDU/CSU)会派
院内総務
2005年11月~ 連邦首相(2013年12月より三期目)

5.家族構成

 既婚(子供なし。夫のザウアー氏は大学教授(化学)。なお、「メルケル」は前夫の苗字。)

6.趣味

 読書、ハイキング、園芸、クラシック音楽

7.訪日歴:4回

1997年 京都議定書採択のため環境担当大臣として訪日
2007年 首相として初訪日(公式実務訪問賓客)
2008年 G8北海道洞爺湖サミット出席のため訪日
2015年 訪日(公式実務訪問賓客)
このページのトップへ戻る
欧州へ戻る