欧州

令和2年12月21日
中央アジア・コーカサス等の地域機構の図

 中央アジア・コーカサス等の地域機構・枠組は、以下のとおりです。

  • 独立国家共同体(CIS :Commonwealth of Independent States)
    加盟国:アゼルバイジャン、アルメニア、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ベラルーシ、モルドバ、ロシア
    準加盟国:トルクメニスタン
  • CIS集団安全保障条約機構(CSTO :Collective Security Treaty Organization)
    加盟国:アルメニア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ベラルーシ、ロシア
  • 上海協力機構(SCO :Shanghai Cooperation Organization)
    加盟国:インド、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、中国、パキスタン、ロシア
    (注1)上記の他、オブザーバー国及び対話パートナーは以下のとおり。
    オブザーバー国:アフガニスタン、イラン、ベラルーシ、モンゴル
    対話パートナー:アゼルバイジャン、アルメニア、カンボジア、スリランカ、トルコ、ネパール
  • ユーラシア経済同盟(EAEU :Eurasian Economic Union)
    加盟国:アルメニア、カザフスタン、キルギス、ベラルーシ、ロシア
    (注2)上記の他、オブザーバー国は以下のとおり。
    オブザーバー国:ウズベキスタン、キューバ
  • アジア信頼醸成措置会議(CICA :Conference on Interaction and Confidence-Building Measures in Asia)
    加盟国:アゼルバイジャン、アフガニスタン、イラン、インド、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、中国、トルコ、パキスタン、モンゴル、ロシア
    (注3)上記の他、加盟国、オブザーバー国及び国際機関は以下のとおり。
    加盟国:アラブ首長国連邦、イスラエル、イラク、エジプト、カタール、韓国、カンボジア、スリランカ、タイ、バーレーン、パレスチナ、バングラデシュ、ベトナム、ヨルダン
    オブザーバー国:アメリカ、インドネシア、ウクライナ、日本、フィリピン、ベラルーシ、マレーシア、ラオス
    国際機関:アラブ連盟、欧州安全保障協力機構、国際移住機関、国連、テュルク語諸国協力評議会
  • 民主主義と経済発展のための機構-GUAM(Georgia, Ukraine, Azerbaijan, and Moldova)
    加盟国:アゼルバイジャン、ウクライナ、ジョージア、モルドバ
  • 経済協力機構(ECO :Economic Cooperation Organization)
    加盟国:アゼルバイジャン、アフガニスタン、イラン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルコ、パキスタン
    準加盟国:トルクメニスタン
  • 中央アジア地域経済協力(CAREC :Central Asia Regional Economic Cooperation)
    加盟国:アゼルバイジャン、アフガニスタン、ウズベキスタン、ジョージア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、中国、トルクメニスタン、パキスタン、モンゴル
  • (注4)ウクライナは2014年3月CIS脱退を宣言。2018年4月CIS脱退に関する大統領令に署名。
  • (注5)ウズベキスタンは2005年GUAM(当時はGUUAM)から脱退。2008年ユーラシア経済共同体(EAEUの前身)加盟を停止。2012年CSTO活動参加停止を決定。
  • (注6)ジョージアは2008年8月CIS脱退を通告。1年後の2009年8月正式脱退。2016年10月CARECに加盟。
  • (注7)トルクメニスタンは2005年にCISを脱退して準加盟国になり、2009年にECOの正式加盟国から準加盟国になった。
  • (注8)インド、パキスタンは2015年7月SCO加盟手続開始で合意。2017年6月正式加盟。
  • (注9)アフガニスタン(及びセルビア)はCSTO議会会議のオブザーバー。
欧州へ戻る