外務副大臣・外務大臣政務官

平成25年5月15日
 5月15日,タイ若手外交官一行が外務省を訪問し,若林健太外務大臣政務官を表敬しました。
 若林政務官から,東日本大震災及びタイの洪水被害における相互支援に見られた両国国民の心と心のつながりに触れつつ,我が国としては,重要な経済パートナーであり,ASEAN,メコン地域の主要国であるタイとあらゆる面で関係を強化していきたい,その上で,日タイ関係の将来を担う若いタイ外交官の役割に期待する旨述べました。
 これに対し,一行の代表から,日本政府の協力により有意義な日本研修プログラムが実施されることに感謝する,今回の訪日の経験も活かし,日タイ関係の強化に努力していきたい旨述べました。
 
 一行は今年タイ外務省に入省した新入省員56名のうちの15名で,研修の一環として5月13日から同18日までの日程で訪日しています。日本滞在中,一行は外務省において様々なテーマに沿った講義を受け,日本の外交政策に対する理解を深めるほか,神奈川県相模原市にある外務省研修所を訪問し,日本側若手外交官との交流を行います。また,千葉市の神田外語大学を訪問し,タイ語を専攻する日本人学生と交流したり,都内及び近郊の政府系諸機関訪問も予定されています。

外務副大臣・外務大臣政務官へ戻る