外務副大臣・外務大臣政務官

城内政務官のインド、パキスタン及びスリランカ訪問(概要)

平成25年9月17日

 城内実外務大臣政務官は、9月9日から13日にかけて、インド、パキスタン及びスリランカを訪問したところ、概要は以下のとおりです。
1.主な日程
9月9日(月) デリー(インド)着
 日本企業関係者との意見交換
9月10日(火) マルチ・スズキ社訪問
 クマール・インド首相対日関係特使との会談
 イスラマバード(パキスタン)着
9月11日(水) イクバール計画・開発大臣との会談
 経済協力案件の視察
 アジズ国家安全保障・外務担当首相顧問との会談
 ダール財務大臣との会談
 カラチ(パキスタン)着
9月12日(木) パック・スズキ社訪問
 日本企業関係者との意見交換
 コロンボ(スリランカ)着
9月13日(金) 官民フォーラム出席
 コロンボ港及びコロンボドックヤード視察
 ピーリス外務大臣との会談
 日本企業関係者との意見交換
2.主な行事の内容
(1)インド
 城内政務官は、日本企業関係者と意見交換を行った他、マルチ・スズキ社を訪問しました。また、クマール・インド首相対日関係特使と会談を行い、日印二国間関係全般について意見交換を行うとともに、天皇皇后両陛下のインド御訪問の成功に向けた協力強化を確認しました。
  • マルチ・スズキ社訪問
  • クマール特使との会談
(2)パキスタン
 ダール財務大臣及びイクバール計画・開発大臣との会談では、パキスタン政府の今後の経済改革の方向性等について意見交換を行いました。城内政務官からは、パキスタン政府の改革努力を評価するとともに更なる痛みの伴う改革実施の必要性を強調しました。
 アジズ国家安全保障・外務担当首相顧問との会談では、日パキスタン二国間関係に加え、アフガニスタンやシリアなど幅広い地域情勢について意見を交わしました。城内政務官からは、パキスタンの安定が地域の平和と繁栄に直結することを強調し、同国における5月の総選挙実施を歓迎しました。
 城内政務官は、「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」を視察しました。この計画は、パキスタンで初めて既存送配電網に接続された太陽光発電所を実現するもので、再生可能エネルギーの開発を進めるパキスタンの政策とも合致するものです。
 また、城内政務官は同国における日系企業の活動拠点であるカラチにおいてパック・スズキ社を訪問するとともに、現地で活躍する日本企業関係者との間で、現地のビジネス環境等に関する意見交換を行いました。
  • (写真1)
    イクバール計画・開発大臣との会談
  • (写真2)
    アジズ首相顧問との会談
  • (写真3)
    ダール財務大臣との会談
(3)スリランカ
 城内政務官は、スリランカで活動する日本企業関係者とスリランカ政府関係者が同地における企業活動環境の改善等について議論する場である官民フォーラムに政府を代表して出席し、冒頭及び閉会挨拶を行いました。
また、我が国が支援を行ったコロンボ港、我が国とスリランカの民間ベースの代表的な協力例であるコロンボドックヤードを視察しました。
 ピーリス外務大臣との会談では、スリランカの国民和解について意見交換を行うとともに、海洋を含む幅広い分野での二国間協力強化等について意見を交わしました。
  • (写真1)
    官民フォーラムに出席
  • (写真2)
    コロンボ港視察
  • (写真3)
    ピーリス外務大臣との会談

このページのトップへ戻る
外務副大臣・外務大臣政務官へ戻る