ギニア共和国

日・ギニア首脳会談

平成28年8月26日

英語版 (English)

 本8月26日11時15分(現地時間。日本時間17時15分)から約20分間、第6回アフリカ開発会議(TICADVI)出席のためケニア・ナイロビを訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は、アルファ・コンデ・ギニア共和国大統領(H.E. Prof. Alpha Condé、 President of the Republic of Guinea)との間で日・ギニア首脳会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、安倍総理から、コンデ大統領のTICADVI出席を心から歓迎するとともに、初めてのアフリカ開催となるTICADを協力して成功させたい旨述べました。これに対してコンデ大統領から、安倍総理のアフリカへのコミットメントと今回のTICADVIのアフリカ開催に感謝申し上げる旨述べました。
  2. 続けて、安倍総理から、ギニアにおけるエボラ出血熱流行が終息したことを歓迎しつつ、復興・発展に向けて、着実に開発協力を実施していきたい旨述べ、とりわけ、国道一号線橋梁改修計画の推進や新規の食糧援助実施を表明しました。
  3. コンデ大統領から、日本の支援に感謝しつつ、米生産を含む農業、保健、漁業等の幅広い分野で日本との二国間協力を進めたい旨述べるとともに、日本の技術を活用した高効率発電の導入や日本企業のギニア進出への期待を表明しました。
  4. この他、両首脳は、アフリカの開発、捕鯨、安保理改革を含む国際場裡における協力等に関し、意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
ギニア共和国へ戻る