パラオ共和国

西村内閣官房副長官とオイロー・パラオ共和国副大統領兼司法大臣との会談

平成29年11月20日

 本20日午前9時50分から約20分間,西村康稔内閣官房副長官は,閣僚級招へいにより11月19日から25日までの日程で訪日中のレイノルド・B・オイロー・パラオ共和国副大統領兼司法大臣(Hon. Raynold B. Oilouch, Vice President of the Republic of Palau/Minister of Justice)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,西村副長官から,今回の訪日がオイロー副大統領にとって有意義な滞在になることを願っている旨述べるとともに,パラオは日本と歴史的な繋がりが深い重要な隣国であり,姉妹都市関係を含め,今後日・パラオ間の交流を促進させたい旨述べました。

2 オイロー副大統領は日本政府の招待に感謝するとともに,様々な分野における日本からの支援に感謝し,強固な二国間関係を更に発展させたい旨述べました。

3 また,西村副長官は,国際場裡におけるパラオの日本に対する支持に謝意を表し,引き続き両国で緊密に連携していくことで一致しました。

4 両者は,来年5月に福島県いわき市で開催される予定の第8回太平洋・島サミット(PALM8)に向けて協力していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
パラオ共和国へ戻る