ニュージーランド

河野外務大臣とパーカー・ニュージーランド貿易・輸出振興担当大臣との会談

平成30年10月15日

  • 河野外務大臣とパーカー・ニュージーランド貿易・輸出振興担当大臣との会談1
  • 河野外務大臣とパーカー・ニュージーランド貿易・輸出振興担当大臣との会談2
  • 河野外務大臣とパーカー・ニュージーランド貿易・輸出振興担当大臣との会談3

15日,午後4時05分(日本時間午前12時05分)から約35分間,ニュージーランドのウェリントンを訪問中の河野太郎外務大臣は,デービッド・パーカー・ニュージーランド貿易・輸出振興担当大臣(Rt. Hon. David Parker, Minister for Trade and Export Growth of New Zealand)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 両大臣は,農林水産業を始めとする両国間の経済交流を一層発展させるべく連携していくことで一致しました。また,両大臣は,水素エネルギー分野の協力の可能性についても意見交換しました。
  2. 両大臣は,自由貿易を推進するという共通の目的のもと,TPP11の早期発効やRCEPの早期妥結に向けて,緊密に連携していくことで一致しました。
  3. このほか,両大臣は,国際経済情勢についても意見交換を行い,国際ルールに基づく、自由で開かれた、公正な経済秩序の構築に向けて連携していくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
ニュージーランドへ戻る