ニュージーランド

日・ニュージーランド外相会談

平成29年11月8日

英語版 (English)

  • 日・ニュージーランド外相会談
  • 日・ニュージーランド外相会談
  • 日・ニュージーランド外相会談

 本8日,午後5時15分(現地時間)から約30分間, APEC閣僚会議に出席するためダナンを訪問中の河野外務大臣は,ピーターズ・ニュージーランド副首相兼外相(Rt. Hon. Winston Peters, Deputy Prime Minister and Minister for Foreign Affairs)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,河野大臣から,ピーターズ副首相兼外相の就任に祝意を示しつつ,新たに発足した労働党・NZファースト党連立政権との間で,今後,日・ニュージーランド関係を強化したい旨述べました。これに対し,ピーターズ副首相兼外相からも,河野大臣の再選と外務大臣再任に祝意が示されるとともに,今後河野大臣と緊密に連携し日・ニュージーランド関係を推進していきたい旨述べました。

2 河野大臣から,北朝鮮情勢について説明すると共に,北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めることが重要である旨述べ,両大臣は,拉致問題を含め北朝鮮問題につき緊密に連携することを確認しました。

3 河野大臣は,TPPの重要性について説明し,早期発効に向けて連携するよう働きかけました。

4 河野大臣は,「自由で開かれたインド太平洋戦略」について説明し,両大臣は,インド太平洋地域における海洋秩序の維持の重要性を含めアジア太平洋地域情勢に関する認識を共有しました。

5 両大臣は,来年5月に開催予定の第8回太平洋・島サミット(PALM8)を含め,太平洋地域で緊密に協力していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
ニュージーランドへ戻る