ナウル共和国

日・ナウル首脳会談

平成27年5月22日

英語版 (English)

本22日、午後4時5分から約15分間、安倍晋三内閣総理大臣は、第7回太平洋・島サミット(PALM7)出席のため福島県いわき市滞在中のバロン・ディバベシ・ワンガ・ナウル共和国大統領(H. E. Baron Divavesi WAQA, President of the Republic of Nauru)と首脳会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。
  1. 安倍総理大臣から、ワンガ大統領の来日を歓迎し、被災地でのPALM7を共に成功させ、日本と太平洋諸島の新たなパートナーシップを築きたい旨述べました。
  2. 安倍総理大臣は、港湾関連の機材整備のため2億円の資金協力を行う考えを伝え、ナウルの持続可能な開発を引き続き力強く支援していく旨述べました。これに対し、ワンガ大統領から、日本からの長年に亘る協力に対する感謝を述べるとともに、港湾分野におけるナウルの支援ニーズ等について説明があり、引き続き日本の協力を得たいとの発言がありました。
  3. さらに、安倍総理大臣から、世界津波の日の国連への提案について協力を求めたほか、気候変動、国連安保理改革、漁業等の国際社会における課題及び協力について意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
ナウル共和国へ戻る