報道発表

河野外務大臣とクリスチャン・ミクロネシア連邦大統領との懇談及び夕食会

平成29年10月23日

  • 河野外務大臣とミクロネシア連邦大統領1
  • 河野外務大臣とミクロネシア連邦大統領2
  • 河野外務大臣とミクロネシア連邦大統領3
  1. 本23日,河野太郎外務大臣は,実務訪問賓客として訪日中のピーター・マーティン・クリスチャン・ミクロネシア連邦大統領(H.E. Peter Martin Christian, President of the Federated States of Micronesia)及びローリン・S・ロバート・ミクロネシア連邦外務大臣(Hon. Lorin S. Robert, Secretary of Department of Foreign Affairs of the Federated States of Micronesia)と神奈川県大磯町の旧吉田茂邸において,懇談及び夕食会を実施したところ,概要は以下のとおりです。

    1. 冒頭,河野大臣から,歓迎の意を表明するとともに,クリスチャン大統領とロバート外務大臣をおもてなしするため,これまで歴史的な舞台ともなってきた,吉田茂元総理大臣の旧邸宅での夕食会を特別に準備した,忌憚のない意見交換を行いたい旨述べました。これに対し,クリスチャン大統領から,手厚いもてなしに謝意が示されました。
    2. その後,夕食会において,河野大臣,クリスチャン大統領及びロバート外務大臣は,日本とミクロネシアの二国間関係の更なる強化や地域情勢,国際場裡での協力に関して意見交換を行いました。
    [参考]旧吉田茂邸
    旧吉田茂邸は吉田茂元総理大臣が1945年からその生涯を閉じる1967年までを過ごした邸宅。吉田元総理大臣の存命中に,今上天皇皇后両陛下やアデナウアー西ドイツ首相(当時)など国内外の要人が多く訪れた。吉田元総理大臣没後の1979年には,大平総理大臣(当時)とカーター米大統領が日米首脳会談を実施。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る