ミクロネシア連邦

安倍総理大臣とクリスチャン・ミクロネシア連邦大統領との昼食会

平成27年11月4日

  • 写真1
  • 写真2
本4日,午後0時15分から約40分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のピーター・マーティン・クリスチャン・ミクロネシア連邦大統領(H.E. Peter Martin Christian, President of the Federated States of Micronesia)と昼食会を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,クリスチャン大統領の5月の第7回太平洋・島サミットに続く今回の訪日を歓迎するとともに,日本とミクロネシアとの友好関係の歴史により築かれた絆を大事にしつつ,今後も漁業分野を含む両国間及び国際社会の課題への取り組みにおいて協力を進めていきたい旨述べました。

2 これに対し,クリスチャン大統領から,多忙な日程の中で昼食会を開催いいただいたこと及びこれまでの日本からミクロネシアへの支援と協力に謝意を述べるとともに,今後の日本との更なる協力への期待及び地域や国際社会における日本の様々な取り組みへの支持が表明されました。

3 また,両首脳は,漁業分野や戦没者の遺骨収集帰還事業において引き続き協力していくことで一致したほか,国際社会における課題及び協力について意見交換を行いました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
ミクロネシア連邦へ戻る