大韓民国

金鍾泌元韓国国務総理の逝去を受けた安倍内閣総理大臣による弔意メッセージの発出

平成30年6月23日

 本23日,安倍晋三内閣総理大臣は,金鍾泌(キム・ジョンピル)元韓国国務総理が6月23日(現地時間同日)に逝去されたことを受け,文在寅(ムン・ジェイン)大統領宛てに,以下の弔意メッセージを発出しました。

1 金鍾泌元国務総理の突然の訃報に接し,深い悲しみの念に堪えません。

2 金鍾泌元国務総理は,日韓国交正常化交渉に直接携わり,今日の日韓関係の礎を築かれました。また,小渕総理と金大中大統領による「日韓パートナーシップ宣言」の発出にも国務総理として尽力される等,その後の日韓関係の発展にも多大なる貢献をなされました。

3 日本国政府及び日本国民を代表し,大韓民国政府及び大韓民国国民の皆様,並びに御遺族に対し,深甚なるお悔やみを申し上げるとともに,金鍾泌元国務総理の御冥福を衷心よりお祈り申し上げます。


このページのトップへ戻る
大韓民国へ戻る