大韓民国

平昌冬季五輪ボランティア訪日団による萩生田官房副長官表敬

平成29年8月2日

 本2日午後,外務省の対日理解促進交流プログラムJENESYS2017で訪日中の平昌冬季五輪ボランティア訪日団(来年韓国で開催される平昌オリンピック・パラリンピックで日本語ボランティアとして活動する予定の韓国人大学生等21名)が,萩生田光一内閣官房副長官を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

1 萩生田副長官から,訪日中に多くのことを吸収して平昌オリンピック・パラリンピックでのボランティア活動に活かしてほしい,3年後の東京オリンピック・パラリンピックにも様々な形で参加してほしい旨述べました。また,未来志向の日韓関係の基礎となるのが若い世代の交流であり,訪日中に日本の若者と積極的に交流を深め,将来,日韓関係をリードしていく存在になることを期待している旨述べました。

2 その後,訪日団の団長及び学生代表から,今回の訪日中に様々なことを学び,平昌オリンピック・パラリンピックでのボランティア活動に活かしていきたい旨の挨拶がありました。


このページのトップへ戻る
大韓民国へ戻る