中華人民共和国

令和2年7月13日
実施時期 事業名 主催者 実施場所 事業内容
詳細
2020年1月11日 日中友好成人式 在中国日本国大使館、北京日本人留学生社団(BJSA)別ウィンドウで開く 中国 在中国日本国大使館 多目的ホール 北京で成人を迎える日本人と中国人の新成人が日本大使館に集まって成人式を執り行う。
2020年1月12日~17日 上海華東師範大学第二付属中学と白石中学校の姉妹学校交流 一般社団法人宮城インバウンドDMO、株式会社日中BHEコミュニケーションズ、捌翊(上海)教育科技有限公司、上海興彬国際旅行社有限公司別ウィンドウで開く 日本 宮城県白石市、白石中学校、丸森町、KIBOTCHA、東北大学、えぼしスキー場 「日中文化・スポーツ交流推進年」の交流活動の一環とした、宮城県白石中学校との交流活動。学生交流するほか、丸森災害地訪問、松島観光、スキー学習、東北大学魯迅資料館見学を行う。
2020年1月13日~18日 上海紫竹小学校 福井県教育旅行 株式会社グローバルリンク別ウィンドウで開く 日本 福井県内 上海の小学生が福井県内小学校との学校交流やホームステイを通して文化交流を行い、両国青少年の相互交流や友好関係の促進を目指す。
2020年1月18日、19日 日本語人材育成フォーラム・日本語教授法ワークショップ 在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所別ウィンドウで開く 中国 大連スイッシュホテル(18日)、中日友好大連人材育成センター(19日) 日本と中国の経済的・人的交流が深まる中、日本語人材を多数輩出してきた大連の優位性を振り返りながら、大学、職業教育を含めた各レベルにおいて、いかに新しい時代やニーズに対応した実践的な日本語教育を推進していくかについて、フォーラム及びワークショップを開催。
2020年3月15日~12月31日 日中教育文化交流事業 公益財団法人東亜総研別ウィンドウで開く 日本 全国 中国の小・中・高校生(児童・青少年)による訪日修学旅行やスポーツ少年団、音楽・美術・芸能など幅広い層を対象に日本の同年代の児童・青少年と学校交流や文化・スポーツ・教育・芸能などを通じて相互に交流を行う。
2020年3月26日~30日 第三回寧海橋頭胡桜まつり日中交流ウィーク 旭東山森教育信息諮詢(寧波)有限公司別ウィンドウで開く 中国 浙江省寧海県、寧波市、上海市 寄贈した桜がきっかけとなり、1万本が植樹された寧海橋頭胡眠牛山公園で桜まつりが開催される。日本から訪中団を派遣し、日中交流行事へ参加し地域交流を通じて親善を図るとともに、生活文化など多様な魅力に触れて見聞と理解を深める。
2020年5月~12月 笹川杯「本を味わい日本を知る」作文コンクール2020 人民中国雑誌社別ウィンドウで開く 日本
中国
北京、東京 中国の青少年たちが日本に関する本やアニメ、マンガ、映画、ドラマなどに触れ、感想を書くことによって日本文化に対する理解を深め、日本語の作文力を高めることを目的とし、また両国青年の相互理解や友好交流及び人文交流の促進を目指す。
2020年7月1日~11月28日 第12回兵庫県中国文化交流会中国通コンテスト 神戸東洋医療学院孔子課堂別ウィンドウで開く 日本 一般社団法人 中華会館 東亜ホール 高等学校、中学校において中国語を履修している学生、そして現在中国語を学習している方を対象に中国語能力の向上と中国文化への造詣を図る。
2020年7月3日~11月8日 江戸へ帰る―浮世絵芸術大展 上海融晟文化傳媒有限公司 中国 上海市黄浦区中山東一路1号2階 美人画、役者絵、風景画、花鳥画、物語絵・歴史画など様々なジャンルの浮世絵の名作約100点を展示する日中文化交流行事。浮世絵草創期から成熟期までの様式の変遷やそれぞれの比較もでき、観るだけで楽しい作品も多く、学術研究と教育普及の両面を期待できる。
2020年7月11日、12日 中日親子大露営 上海興彬国際旅行社有限公司、捌翊(上海)教育科技有限公司、杭州日旅国際旅行社有限公司上海分公司別ウィンドウで開く 中国 楽営淀山湖国際営地(昆山市東梅路1号) 7月11日~7月12日までの期間、楽営淀山湖国際営地(昆山市東梅路1号)において、6歳~12歳までの子どもを持つ中国人家族40組及び日本人家族10組が参加する親子参加型のキャンプイベントを開催する。キャンプ地での共同生活等を通じて日中交流を促進することを目的とする。
2020年7月18日~27日 2020 上海・日本映画週間 上海国際影視節中心、NPO法人日中映画祭実行委員会、江蘇国致文化発展有限公司別ウィンドウで開く 中国 上海 日本映画上映を通しての日中文化交流
2020年7月18日~9月20日(三影堂撮影芸術中心、北京)
2020年10月1日~11月8日(厦門三影堂撮影芸術中心、厦門)
日本写真ゴールデンジェネレーション5人展 三影堂撮影芸術中心別ウィンドウで開く 中国 北京、厦門 日本の5名の写真家(荒木経惟、森山大道、細江英公、深瀬昌久、石内都)の作品、それぞれに石内都『Moving away』シリーズ、森山大道『Tokyo後街』シリーズ、細江英公『薔薇刑』、『おとこと女』シリーズ、深瀬昌久『鴉』シリーズ、荒木経惟『センチメンタルな旅』計117点が展示される写真展。なお、今回の展覧作品は深瀬昌久資料館の協力も得た。日本を代表する作品の展示と同時に、人物関係や時代背景を整理し、中国の民衆が日本の現代の写真芸術の発展過程を理解する助けになるものとする。
第25回呉昌碩先生生誕祭
北九市立花房小学校昌碩小学校作品交換式
2020年9月12日
「東アジア文化都市2020北九州」開催記念 日中書の祭典 北九書の祭典委員会 日本 北九州市若松区頓田貯水池 呉昌碩先生胸像前 市民が呉昌碩藝術を通した中国現代の芸術に触れ、学ぶ機会にする。
「イオン杯」日本語スピーチコンテスト:2020年10月~11月 「イオン杯」日本語スピーチコンテスト 公益財団法人イオンワンパーセントクラブ別ウィンドウで開く 中国 北京大学、清華大学、中国海洋大学、青島大学、武漢大学、深圳大学 「イオン杯」日本語スピーチコンテストは中国6大学で予選・本選を開催し、優勝者を対象に訪日研修を実施。中国で日本語を勉強している学生に国際的な文化・人材交流の機会を提供し、日本と中国について相互理解を深め、日中友好親善の促進を図る。
2020年11月20日~22日 「世界文学都市の価値:日本文学における都市イメージ」国際シンポジウム 南京大学外国語学院日本語学科別ウィンドウで開く 中国 南京大学国際会議センター 2019年10月、ユネスコが世界66都市を創造都市ネットワークとして発表したが、南京市が中国初の文学都市となった。この機会に南京大学外国学院は専門家、学者を招聘し、日本文学研究の角度から「世界文学都市」の価値及び新時代の日本文学研究の方向性を議論する。

中華人民共和国へ戻る