アジア

第9回日本・メコン地域諸国首脳会議

平成29年11月13日

英語版 (English)

  • 日・メコン首脳会議1
  • 日・メコン首脳会議2
13日,22時(現地時間)から約60分間,フィリピン・マニラにおいて,第9回日本・メコン地域諸国首脳会議(日・メコン首脳会議)が開催され,我が国から安倍晋三内閣総理大臣が出席し,議長を務めたところ,概要は以下のとおりです(メコン地域諸国からは末尾のとおり。)。

1 冒頭

議長である安倍総理から以下を述べました。
(1)急速に経済発展を続けるメコン各国との協力促進は大変重要,二年目に入った「新東京戦略2015」の下での協力は成果を挙げており,メコンと共に発展するという思いで引き続き歩んでいきたい。

(2)今後も,官民一体となってメコン地域の更なる産業発展に貢献すると共に,国際スタンダードに則った「質の高いインフラ」の整備に加え,人材育成,保健・医療,環境技術等,日本の知見を活用した取組で応えていきたい。

(3)今年は,日本がカンボジアで初めて本格的にPKOに参加してから25周年であるが,引き続き,「積極的平和主義」の下,メコン地域の平和,安定及び繁栄に貢献していく。「自由で開かれたインド太平洋戦略」の推進に向けて,メコン各国とも積極的に協力していきたい。

2 日・メコン協力

(1)安倍総理から,日メコン協力について以下を述べました。
 ア 2015年に発表した質の高い成長を実現するための,3年で7500億円のODAによる支援は,既に3分の2以上を実施。この一年で,カンボジアのシアヌークビル港,ミャンマーのヤンゴン・マンダレー鉄道,タイの高速鉄道等,インフラ整備に係る協力を進めた。
 イ 日本は,「質の高いインフラ」整備に貢献しているが,同時に,円借款の迅速化も進めており,迅速化に向けた各国政府の取組も期待。
 ウ 域内の物流コスト削減や貿易円滑化等のためにはソフト面での連結性強化が鍵。制度整備,人材育成,地域開発の三点に一層重点を置き,「生きた連結性」を実現したい。近く,日本へ各国の専門家を招待し知見を深めてもらう機会も準備中。
 エ IoTを活用した製造現場における生産性向上のための実証事業等を通じて,産業の連結性も強化する。地域に新たな付加価値を生み出し,更なる産業高度化を後押ししたい。
 オ グリーン成長の実現のため,低炭素社会や持続可能な都市の実現,循環型社会構築に向けた環境インフラの普及を含む新たな協力を推進したい。自然災害や気候変動の影響軽減のため,災害リスクに対する「東南アジア災害リスク保険ファシリティ」の早期設立に向けて協力したい。
 カ 日本は,自身の経験も活かし,地域包括ケアシステムと自立支援型介護の推進のため,「アジア健康構想」を立ち上げた。今後,メコン各国に広めたい。
 キ 文化・人的交流では教師研修を始めとする日本語教育や芸術文化交流にも一層力を入れていく。
 ク メコン地域開発におけるタイとの協力の進展を歓迎。また,今後もアジア開発銀行(ADB)とこの地域における協力を進めたい。

(2)これに対し,メコン諸国より,概要以下の発言がありました。
 ア 日本によるメコン地域への支援に感謝する。「新東京戦略2015」の確実な進捗を歓迎するとともに,7500億円のODAによる支援の3分の2以上を既に実施していることを高く評価する。また,メコン産業開発ビジョンに基づく行動計画や、日メコン連結性イニシアティブ等,様々な枠組みやイニシアティブを通じて協力を具体化していることを評価。
 イ 日本の「自由で開かれたインド太平洋戦略」に基づく取組を支持。連結性強化にも資する取組として期待。日本の支援により,陸路,港,空港が整備され地域のハード・ソフト連結性が強化されていることを評価し,今後の協力にも期待する。陸路については,ビエンチャン・ハノイの道路整備が優先分野であり,日本の協力に期待。ソフト連結性については物流コスト低減等のため,シングルウィンドウの整備に向けた協力を重視。
 ウ 日本の協力は,域内の産業バリューチェーンにメコン地域を組み込むことに貢献している。今後,産業の高度化を図るためにも協力したい。人材育成が重要であり,日本の「産業人材育成協力イニシアティブ」では2016年からの1年でメコン地域において1万2千人が育成されていることを評価。日本を含む諸外国からの直接投資の増加のために投資環境も整備したい。
 エ 自然災害のリスクに対する対応として,防災,気候変動対策等の取組への重要性を強調。保健・医療分野では,高齢化社会への対応等についても日本と協力したい。

3 地域・国際情勢

安倍総理から,ミャンマー・ラカイン州の状況改善に向けた協力を確認するとともに,北朝鮮・南シナ海といった地域・国際場裡での課題についても言及しました。メコン地域諸国の首脳からは,平和と安定が地域の発展に不可欠であるとしつつ,北朝鮮問題に関する懸念を共有する旨の言及があり,拉致問題の早期解決に向け協力したいとの発言がありました。
 
(参考)メコン地域諸国からの出席者(国名のアルファベット順)
  • カンボジア王国:フン・セン首相(Samdech Akka Moha Sena Padei Techo Hun Sen, Prime Minister of the Kingdom of Cambodia)
  • ラオス人民共和国:トンルン・シースリット首相(H.E. Dr. Thongloun Sisoulith,Prime Minister of the Lao People's Democratic Republic)
  • ミャンマー連邦共和国:アウン・サン・スー・チー国家最高顧問(H.E. Ms. Aung San Suu Kyi, State Counselor of the Republic of the Union of Myanmar)
  • タイ王国:プラユット・ジャンオーチャー首相(H.E. Mr. Prayuth Chan-o-cha, Prime Minister of the Kingdom of Thailand)
  • ベトナム社会主義共和国:グエン・スアン・フック首相(H.E. Mr. Nguyen Xuan Phuc, Prime Minister of the Socialist Republic of Viet Nam)

このページのトップへ戻る
アジアへ戻る