外務省: タンザニアに対する無償資金協力(「首都圏周辺地域給水計画(2/2期)」及び「マサシ-マンガッカ間道路整備計画(2/3期)」)に関する書簡の交換について

報道発表

タンザニアに対する無償資金協力(「首都圏周辺地域給水計画(2/2期)」及び「マサシ-マンガッカ間道路整備計画(2/3期)」)に関する書簡の交換について

平成20年6月27日
  1. 我が国政府は、タンザニア連合共和国政府に対し、「首都圏周辺地域給水計画(2/2期)」及び「マサシ-マンガッカ間道路整備計画(2/3期)」の実施に資することを目的として、総額16億4,500万円を限度とする一般プロジェクト無償資金協力を行うこととし、このための書簡の交換が、6月27日(金曜日)(現地時間同日)、同国のダルエスサラームにおいて、我が方伊藤誠駐タンザニア国大使と先方グレイ・ムゴンジャ財務次官(Mr. Gray S. Mgonjya, Permanent Secretary, Ministry of Finance)との間で行われた。
  1. 各計画の概要は次のとおりである。

 

(参考)タンザニア連合共和国はアフリカ東岸に位置し、面積が日本の約2.5倍(94.5万平方キロメートル)、総人口は3,830万人であり、1人あたりGNI(国民総所得)は340ドルである。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る