報道発表

WFP(国連世界食糧計画)を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

平成21年11月20日
  1. 我が国政府は、WFP(国連世界食糧計画)を通じ、社会的弱者を抱える以下の2か国に対し、「食糧援助」として合計6億円の無償資金協力を行うこととし、このための書簡の交換が、11月20日(金曜日)(現地時間同日)、ローマにおいて、我が方安藤裕康駐イタリア国大使と先方シーラ・シスルWFP事務局次長(Ms. Sheila Sisulu, Deputy Executive Director, World Food Program of the United Nations)との間で行われました。
  2. 今回の食糧援助の対象内訳(カッコ内は供与額)

    (1)ギニアビサウ共和国    (3億円)

    (2)タジキスタン共和国    (3億円)

  1. 各国事情
  2. ギニアビサウは国連開発計画が発表した人間開発指数において177カ国中175位に位置づけられる貧困国(一人あたりGNP(国民総生産)200米ドル(2007年))で、慢性的な食糧不足が問題となっています。

    タジキスタンは、1991年のソ連崩壊後の独立以降、内戦と同国国民の国外移住が進み、旧ソ連諸国の中での最貧国(一人あたりGDP(国内総生産)795米ドル(2008年))となっています。また、近年、泥流、地滑りといった自然災害が続き、穀物生産地が打撃を受けたため、食糧確保が困難な状況になっています。

  1. 本件は、このような国々の社会的弱者の置かれた状況に鑑み、WFPの支援要請に応え、人道的見地から食糧援助を実施するものです。今回の食糧援助が、これらの国々における食糧不足の緩和に繋がることが期待されます。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る